より良い1日を読者と追求するブログ。

彼女ができた

 

 

 

 

 

最近彼女ができた。

 

 

以前から顔見知りではあったけど、よく分からないという理由で遠ざけてた。でもふとしたきっかけで今年の1月頃から彼女に興味を持ち始めた。

 

 

8月初旬僕は決めた、真剣に付き合ってみよう。そしてこの3ヶ月ほぼ毎日をともにした

 

 

ここまで読んで僕の比喩表現にお気付きでない方は、僕が前の記事で3カ月間留学すると書いたことを思い出してほしい。

 

 


そう、僕の彼女は英語だ 

          f:id:k-tanaka-dog:20171105123651j:plain

もう少し付き合ってほしい

 

なぜ僕が英語を彼女と表現するか

 

中高大の勉強を通しての僕にとって英語は非常に遠い存在だった。

 

ただ今年の一月に勉強を開始してから、どんどん距離が縮まって行くのを感じこの三ヶ月の留学を終えて僕は英語を彼女と呼べるほど親近感を感じているからだ。

 

 


彼女は日本の教育システムのもと、ほぼ全員の日本人に抱かれる。

 

ただ彼女とうまく付き合えない日本人はすごく多い。

 

彼女との付き合い方を見直すスクールが日本には多数存在する。

 

僕は多くの日本人と同じようにTOEICという絶妙に日本人の心をくすぐるツールのもと彼女との交際を試みた。

 

 


これは失敗だった、このツールを使えば使うほど僕と彼女の距離が遠ざかって行くのを感じた。

 

 

なぜか

 

状況を整理しよう

 

 

本来であればTOEICをツールとして彼女とアプローチするから、こういう構図のはすが

          f:id:k-tanaka-dog:20171105122309j:plain

なぜか気付けばTOEICのために彼女を利用してしまっていた

 

         f:id:k-tanaka-dog:20171105122348j:plain

なんてむごい状況だ、解決しなければ。

 

僕は彼女をじっと見つめた、僕は彼女になにを期待しているのか

 

 

思い出してほしい、彼女は英語

 

 

英語はコミュニケーションツールの1つであって、僕の場合話す機会の中で意見を交換したりたくさんの事を学びたいと思っていた

 

つまり本来であれば、このような構造のはずだ

         f:id:k-tanaka-dog:20171105122614j:plain

TOEICを使ったアプローチが効果的ではないことは明確だった


では僕は留学期間なにをしていたか

 

結論としては、語学学校(Souspeak)を使い倒した

 

 

 

1.発音を徹底して学んだ

 

                 英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる


Souspeakの発音授業は非常に優れていた。

 

1つ1つの音の出し方・発音記号・リンキングのパターンを丁寧に教えてくれる。

 

日本でも英語耳を粘り強くやれば、発音記号を覚えることはできるはず。

 

あとは、これ

CD BOOK <フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本 (アスカカルチャー)

CD BOOK <フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本 (アスカカルチャー)

 

 あとは、粘り強いメンタル。

 

 

 

2.アウトプットの機会を増やした

                                                      Businessmen talking in business meeting Free Icon

 

深刻なアウトプット不足に陥る前に口に出す機会を増やすべきだと思う。

 

僕はSouspeakで、スピーキングのクラスをとった。これもまた素晴らしい。

 

日本でアウトプットを増やすならレアジョブとかを使うか、独り言がいいと思う。

 

独り言については尊敬するAtsuさんを参照。

    www.youtube.com

 

voicetubeを使えばショートムービーを見ながら、自分の声を録音できる。

 

jp.voicetube.com

 

 

3.コンテストに出た

 

                                                           f:id:k-tanaka-dog:20171105131154p:plain

 

カリカリの気持ちをフィリピン人の先生たちとシェアした。

 

     youtu.be

日本でも、トーマスマスターズでそういう機会は得られる。

www.district76.org

 

とりあえず、みんな英語を楽しもう

 

 

 

最後に

 

 

 

彼女ほしい