より良い1日を読者と追求するブログ。

「やるぞ!」より「できるかな?」で考えよう、無意味な新年の抱負対策

 
 
そろそろクリスマス、年末、そして年が明けますね。2018年の幕開けです
 
 
新年といえば、お参りにいって家族で集まってお年玉もらって、そしてあれやりますよね。
 
 
新年の抱負。
 
 
あれ意味ありますかね?
 
個人的に意味ないかなと思ってます、でもやり方によっては効果的にもできるかなとも思うのでそれを今回はシェアします
 
 

新年の抱負は無意味?

 
僕が新年の抱負が意味ないと思うのはいくつか理由があるんですけど、
    ・だいたい数ヶ月すれば忘れる、もしくは興味が他へ移ったりして目標が変更される
    ・目標を口にするだけで達成に近づいたような感覚に陥る
    ・やるぞ!といってるだけで、「具体的にどうやって」達成するかを考えていない
 
ひとつめの理由は僕の個人的な性格的なものなんですが、2つめ3つめはおおよそ割と普遍的な事実なんじゃないかなと思っています
 
これをやります、こんなことを目指してます!みたいなことを言うと周りの人からすげえって言われてそれで気持ち良くなって具体的な行動を伴わないパターン。大事なのは人に自分の目標を提示することではなくて、自分と会話することだと思う
 
 
 というわけで来年は新年の抱負をしない
 
 
 

効果的にやる方法

 
 
どうしても新年の抱負をやりたいなあって人は、『おれはこれをやる!』って自分に言い聞かせるよりか『おれ、これできるかな?』と自分に質問する方が効果的です。
 
 

f:id:k-tanaka-dog:20171205163526j:plain

 
自分がやりたいこと達成したいことを見つけた時はまずそれに対して『できるかな?』と自分に聞いてみる。
 
例えば、『毎日朝6時に起きるぞ!』と意気込むよりも『毎日朝6時に起きれるかな?』と自分に聞いてみる。そうすると、『今の生活リズムでは無理だからもう少し早く寝ないといけない。』、『早く寝るためには仕事をもう少し早く終わらせないといけない』
っていう感じでどんどん具体的な行動に落とし込んでいくことができる。
 
大事なのは、人に言うことではなくて自分と会話することと実行可能な具体的アクションを踏むこと。
 
 

まとめ

✔️「できるかな?」と自分に聞いて、具体的行動に落とし込む
✔️大切なのは自分との会話
 
 
 
じゃ!