より良い1日を読者と追求するブログ。

君がフィリピンに行くなら絶対にダウンロードしてはいけないアプリ2選

僕はこの夏留学した。

「本気留学」を謳うサウスピークで約3ヶ月間フィリピンで英語を学んだ。

こんな記事まで書いて頂いたりした。

13週間のフィリピン留学でスピーキングに目覚めたKenzoさん!英語オンリー+スピーチ+発音矯正で会話力に磨きをかける。 |


ここまでして頂いてあれだが、今日話したいのは英語を頑張った話ではない。




下ネタである。





時系列順に話をしよう。まず最初の1ヶ月間、僕の英語ライフはすこぶる順調だった。僕の純粋な好奇心は一筋に英語に傾けられ、毎日メキメキ勉強した。本気で。


しかし2ヶ月あたりから事態は一変する。今まで眠り続けていた『』がゆっくりと目を覚ます。













I AM 性欲.









フィリピンという異国の地で立ち上がった彼は、日本に居たときのそれとは全くの別物であるかのごとく強力だ。

こうなってしまうと英語どころじゃない。

戦わないといけない。本気で。

解決策として僕が行き着いたのは2つのスマホアプリだった。


今回の記事はこれらのアプリの機能とそれを使用した僕の体験記を記したものであり害しか与えない内容であるため、今すぐ読むのをやめたほうがいい。


1.tinder


Tinder

Tinder

開発元:Tinder Inc.
無料

posted with アプリーチ


僕が彼と戦うための最初の手段として行き着いたのが、『tinder』だった。

間違いなく最強のアプリと言える。流れてくる女性を右へ左へスワイプするだけで繋がってしまう。


さらに重要かつ危険な事実を明かそう。


『フィリピンでは、オトコ(おかね)を求めた大勢の女性がtinderを使用している』

これは日本との大きな違いだろう、使用してみて気づいた。マッチしまくりなのである。しかもとんでもない美人と。そして、向こうから営業のご連絡が届く。




「へ〜い、にいちゃんジャパニーズかい???」から始まり、一生懸命自己紹介の文章を英語で作っていると


「どうでもいいけど、どこ住んでのよ???」という話に流れ、『ぼくは英語学校で勉強してるんだ!』っていう文章を作っていると、


「とりあえず、いつ会えんの???」と風にアポイントを切りにくる。軽い気持ちで返信すると


「まあにいちゃんもさ、子供じゃなんだから会ったら何するかわかってるよね???いくら払えんの???」と形でクロージングを切られる。


僕はこの手の営業に幾度となく転がされた。間違いなく彼女たちの営業の手腕は一流である。

しかしまあ結果からみるとマンゴーストリートなんかより何倍もお得だったので、よしとしたい。


2.Baboo


Badoo - 新しい出会い

Badoo - 新しい出会い

開発元:Badoo Software Ltd
無料

posted with アプリーチ



これはもうtinderのパクリみたいなものだ。営業のご連絡もtindrと一緒。

違うとこといったら近距離にいる相手をすぐに見つけ出して連絡をとれることくらいじゃないかな。

tinderではお互いにいいね!とならなかったら連絡を取れないが、このアプリだったら一方的に『Hello~~~~!』みたいなこともできたと思う。



補足

このホテルにお世話になった

www.tripadvisor.jp



本気で留学したい君はサウスピークへ行こう。

souspeak.com