より良い1日を読者と追求するブログ。

ぼくはそろそろ野球部を引退しないといけないのかもしれない

『ぼくはそろそろ野球部を引退しなくてはいけない。』




河川敷で練習に励む野球少年たちをみてぼくはそんなことを思った。

その少年はミスをしたのか、監督にひどく叱られやたらと走らされていた。少年時代のぼくと重なった。


小学三年生の頃ぼくは純粋に野球がすきで小学校の野球クラブに入った。そこはイメージとはかなり違う場所だった。

エラーをすると怒られ、三振するとまた怒られ、言う通りに動かないと怒鳴られる。

監督、コーチに従い長時間ストイックに練習に励むことが正義であり、それがすべてだった。

いつしか大好きだった野球は嫌いになっていた。


この経験は、後の受験等のイベントでも少なからず影響を及ぼした。

「やりたくない、楽しくないことでもそれをやることが正義」

勉強もそう思ってやってきた。



でもなんか違う気がする。


時代の流れともどう考えたって相反している。メタップス社長の佐藤氏は著書『お金2.0』でこういっている

この世界で成功するためには、他人に伝えられるほど熱量を持てるものを探し出すことが近道だ。

お金2.0より引用

ぼくは早くこの野球部的根性論から抜け出さないといけない。

社会人になるぼくはどうすればいい?野球部根性論の逆を考えたらいいんじゃないだろうか。

つまり、『強いられたことを嫌嫌、何も考えずにやる。』

その逆は、『自分が好きなことを主体的に、考えながらやる。』


好きなものを嫌いに変えるような勢力(監督とコーチ)には負けてはいけない。

今まで素振り100本だったのを素振り3本でホームランを打てるように日々考えないといけない。根性ではなく、頭に頼らないといけない。

ぼくの脱皮はたぶんこれからだ。

今日書きたいのはそれくらい。



参考