より良い1日を読者と追求するブログ。

プログラミング初心者の僕が作ったアプリ2つで『テックキャンプで結局何ができるのか』を解説するよ

 

テックキャンプに1ヶ月通って結局どこまでできるようになるかについての個人的回答は

 

『プログラミングで暇をつぶせるくらい』
 
これはすごくポジティブな意味で。

 
ということでテックキャンプに1ヶ月通ったぼくが色々レビューするよ。テックキャンプを考えてる人はこんなことができるんやなくらいで見てね



プログラミング挫折経験

ぼくは大学2回生くらいからプログラミングに興味を持ち始めて独学でやろうとして途中挫折するという典型パターンを何往復と繰り返した。

プログラミングが途中で飽きる理由は、『結局これ使って何ができんねん』っていう全体像が掴みづらいから
 
これはドットインストールとはプロゲートとか丁寧にプログラミングを教えてくれるサービスを使っても、どうしても文系出身は陥る負の思考ループ。

テックキャンプについて

テックキャンプの着地点としては、Rubyという言語を使ってSNS的なものが作れるようになる。逆にいうとスマホのアプリ作成みたいなことはテックキャンプではできない。

カリキュラムとしてはテックキャンプ指定の手順で、『ツイッターの写真版てきなもの』をみんなつくる。 これのメリットは3つあって

  • Rubyのコマンドを一通り理解はできなくとも、知ることはできる
  • Rubyを使ってアプリを作る全体像を掴める
  • 自分が書いたコードがリファレンスとしてあとで使える

僕みたいに一年半くすぶるなら1ヶ月に17万投資する方が絶対いいと思う。 

最近作ったオリジナルアプリ

テックキャンプのカリキュラムで作ったものをコンセプトを変えながら横展開していけば、オリジナルアプリ的なものも作れる。

僕のつくったやつ1つ目。作成期間は3日間くらい。ブログ初心者がプロブロガーに質問できるコミュニティ的なコンセプト
f:id:k-tanaka-dog:20171226190408p:plain
回答画面はこんな感じ。
f:id:k-tanaka-dog:20171226190807p:plain

2つ目。これは作成期間一週間弱くらい。大学の授業ごとのコミュニティをつくろうみたいなコンセプト。
f:id:k-tanaka-dog:20171226191329p:plain
これは学部リンクをクリックしたら、その学部の授業一覧が表示されて
f:id:k-tanaka-dog:20171226191529p:plain
授業のリンクをクリックすると、そこでチャットできるみたいな仕組み
f:id:k-tanaka-dog:20171226191745p:plain


2つ目のやつは一個一個授業名を登録したわけじゃなくて、スクレイピングっていうのを使ってる

スクレイピングは図にするとこんな感じのもの。
f:id:k-tanaka-dog:20171226193610j:plain


以上!