好奇心を爆発させよう

Progateのレベルが130を超えたのでテックキャンプとの比較を書いてみる

https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1112-145.jpg


プログラミングの勉強で『Progate』と『テックキャンプ』を利用したので比較しながら色々と感想を書いてみる

プログラミングに興味のある方はご参考にしてね

Progateについて

Progateは東京大学の学生が立ち上げたサービスで、プログラミングを学ぶためのツールとしてめちゃくちゃ有効なのでおすすめできる。
prog-8.com

facebookからでも登録できるので今日から始められるよ

Progateのいいところ

  • Progateは『わかりやすさ』を追求されたサイトなので文系学生でも理解可能
  • スライドで学ぶ→実践という形で手を動かしながら学べる
  • カバーされている言語も幅広く、横断的にプログラミングを学ぶことができる。

HTML & CSSあたりはかなりの範囲を無料で公開されているから、それを試してみて課金するかを決めたらいいと思う。

料金体系は月980円(税込)で全部のレッスン受講可能。これは超お得だと思う。毎月行くスタバの回数を2、3回減らせばいい。

prog-8.com

Progateの微妙なところ

  • コードの正確性を『Progateの正解コード』と一致しなければ学習が進まない
  • 実際の環境構築とかを詳しく学ぶことはできない。
  • 有料会員登録をしても、質問システムがない。

1つ目が意外とやっかいだったりする。HTML,CSSとかはコードがかなり細かいのでどこにミスがあるのかが分かりにくい


テックキャンプについて

テックキャンプは僕が行っていたプログラミングのスクール。大阪にもスクールがあり、オンライン・オフライン両方でメンターに直で質問できる。
tech-camp.in

テックキャンプのいいところ

  • 1からRubyという言語を使ってWebアプリケーションを作る感覚を身につけられる。
  • 環境構築などについても詳しく学ぶことができる。
  • めちゃくちゃ礼儀正しいメンターが常時いるため、ストレスフリーで質問攻めできる。

メンターがいるのはプログラミングの学習ですごく心強い。Macの基本的な使い方とかでも何でも答えてくれる。

テックキャンプで微妙なところ

  • 学べる言語がRuby、HTML&CSS、phythonと限られている
  • 初回12万とまあまあのお金を持っていかれる
  • メンターもたまに分からないエラーが出た時に学習に詰まることがある

『必ず学校にきてください』っていうスタンスじゃないので学習を自制心を持ってやらないと学習をサボってしまう。

テックキャンプをちゃんと使い倒すためのポイントは、

  • 事前学習期間(2週間前からカリキュラムを閲覧可能)で質問事項を洗い出すこと。
  • 1ヶ月がっつり時間を作り、1ヶ月分の料金だけ支払って毎日スクールに通うこと。
  • 目標(何日までにオリジナルアプリを作るなど)を設定して学習を進めること


Progateで下積みして、テックキャンプにエントリーするのもいいかもね