好奇心を爆発させよう

長期と短期、どっちのインターンに参加すべきか議論に勝手に決着をつけてきた。

https://image.freepik.com/free-vector/no-translate-detected_1325-25.jpg

約1年ほど前、就活のイベントに参加したときにこんな質問を受けた。

『長期と短期、どちらのインターンに参加すべきか?』

短期インターンシップを6つほどと長期インターンシップ1社の経験をもとにぼくは回答した。

『どっちとも行ってみて、自分で決めな。』

今思い返してみると、あまりに適当すぎる回答。

ちゃんと考え直してみて、このどっちのインターンに行くべきか議論に勝手に結論を出してきた。短期インターン行こうかね…と迷っている人に読んでほしい記事。




長期インターンに短期間で参加するのがベスト

僕が今回答するとしたら、これなんじゃないかなと思う。

つまり長期で募集をかけているインターンシップに、短期(3ヶ月間〜半年間)で参加するということ。

僕自身長期インターンで実務経験として仕事をさせてもらったのは、3ヶ月間ほど。

留学に行きたいから、すぐやめます!って宣言して働かせてもらってた。結果的にこれがよかったんじゃなかなと思っている。

理由は分解すると、

と思うから。

短期インターンシップに行く必要がない理由

割と本気で短期のインターンは別に行かなくていいんじゃなかなと思ってる。

学生が短期インターンで期待するものってこの辺だと思うんだけど

  • 議論する力を養いたい
  • アウトプットへのフィードバックをもらいたい
  • 優秀な学生など横のつながりを作りたい

これは長期インターンで代替が効く。というか、長期の方が高確率で得られる。

長期インターンは、実務に直結しているわけだからそこで得られるフィードバックは採用活動のための表面的なそれより正確で濃密であることは確か。

長期の方なら、会社によっては取締役とか社長とかと話せる機会が得られることもある。社長の考え方とかを盗んでいったほうが、短期インターンで人事にどう見せるかを考えるより有益なんじゃなかな。

あとは、

  • 内定に繋がる

これもあるかもしれないけど、内定に直結しているようなインターンやってる企業ってかなり少数だと思う。

内定に直結していて、その会社に行きたいなら短期でも行った方がいい。

長期インターンに行く上で考えるべきことは、

この2つ。

期限を決める理由

長期インターンは責任を負いながら実務を通して、スキルを磨けるのでおすすめ。

僕がお世話になっていた会社はこちら。
www.miraidenshi-tech.jp


ただ長期といっても、だらだら働くのではなく期限を決めることを勧める。

その理由は、

  • 自分の視野を限定しないため。

長期インターンシップで例えば1年とかそれ以上の期間を過ごしてしまうと、かなりその会社に染まってしまう。

会社色に染まるのはいいと思うんだけど、その人の発想や価値観がそこに限定されていって、”それだけ”になるのがすごく勿体無いんじゃなかなと思う。

  • 自分にプレッシャーとモチベーションを与えるため。

この日にやめます!って言っちゃうと、その日までに成果を出さないといけなくなる。

結果的にだらだらと働くよりも、どうやったら成果を出せるかとか時間の使い方をちゃんと考えるようになる。

次に自分が何をやりたいかも明確になっていると、プレッシャーと同時にモチベーションにもなる。

ポートフォリオを作ること

単に何も考えずにインターンやってましたっていうのは、就活云々の前に自分の時間の使い方としても良くないだろう。

僕がおすすめしたいのは、そこで得られるスキルを使って自分のスキルを具体化したもの(ポートフォリオ)を作ること。


ライティングスキルを学んでるなら、今すぐブログを始めよう。

プログラミングスキルを学んでるなら、自分で一から何かを作ってみよう。

ポートフォリオを作らず、ひたすらその会社のためだけに働いている限り自分が投資した時間と労力は全て会社に帰属していく。

個人で何ができるかが大事になってくる時代だからこそ、ポートフォリオ作りは早いうちに始めよう。

まとめ


おつかれ!