好奇心を爆発させよう

22歳イケメンの童貞がここにいます。こんにちは

はい皆様ごきげんよう、けんぞう(@AfTqc)です。

昨晩全く寝れず一睡もしていないため、意識が朦朧としながらタイピングをしております。

もうタイトルに出てしまっているんですけど今日は童貞の話です。

不快な表現はできる限り避けていますが、どうしても無理という方はサッと閉じて朝の時間を大切な人のために使いましょう。



まずたぶん皆さん思われていることは、お前童貞なのかよっていうことですよね。

はい。この場を借りてカミングアウトさせて頂くと

私田中建蔵、22歳にして童貞でございます。

今回は童貞が童貞について語る時間を少しください。

童貞をひた隠しにしてきたこれまで

僕は童貞であることを恥ずかしいことだと思ってましたので、知り合った友人らには「いや、おれ経験あるよ」顔をしていきた訳で、つまり嘘ハッタリをかましまくっていた訳です。

しかし嘘をついても良いことはないし、僕がブログをやっているのは自分の全てをインターネット上にされけ出してやろうという試みですので、ブログはカミングアウトの最適場所だという結論に至ったわけなんです。


僕がフィリピンに行った際に記事を読んでいただいた方は、ご存知だと思うんですけど、この記事の中で僕は『フィリピーナの方々と楽しいことをやったよ!』ということを書いているんですね。
www.kenzoooo.com

じゃあ、童貞嘘じゃねえか!という怒号が飛んできそうなので順番に説明します。

まず一つは、上記の記事に嘘偽りは一つもないということです。

で、もう一つは素人童貞という表現があるということです。つまり、お店やそういったサービスでは経験済みなんだけど、しっかりと心が通ったような性生活を送ったことがない人間も童貞の称号を維持できるということなんです。

で、ぼくはこの素人童貞という場所に生息しています。童貞というラベルはついたままなので童貞と名乗っているということです。

この記事を書いた理由

僕がこの記事を描こうと思った理由は3つほどあります。

これを読んで、童貞カミングアウトすることに抵抗を持つ人が減ったらいいなと思ったりしてます。

イケメンキャラが辛い

f:id:k-tanaka-dog:20180119082829j:plain

僕は大学の大方の期間を「イケメンキャラ」で生きてきたんですね。大学に入るなり、今まで言われたこともなかったのに、イケメンだとちやほやされ始めた訳で、もちろんこれは嬉しいことであるんだけど、僕にとってはちょっと窮屈なものでもあった。

なぜなら、イケメンである僕はイケメンであることを維持しないといけないという変な暗示にかけられているようで、常に「イケメンっぽく」キャンパスを歩いているか、「イケメンっぽく」飯をくっているか、「イケメンっぽく」勉強しているかなど自分の全ての行動にイケメンっぽさを付与しないといけない気がするという重度の病だったんですよ。

でこのキャラを突破できなかった一方で高校の同期と会うと、僕はもう完全に童貞(ちょいイケメン)くらいの位置付けなので遠慮なくいじられる。このいじられる関係って男同士、たぶん特に関西だったらすごく良い関係だと思うんですね。打ち解けやすく、コミュニケーションを取りやすいというか。

ぼくはこれからはイケメンキャラ以外で生きていきたいなと思っているので、それを上回るキャラ設定をあらかじめしておこうと思っています。

(イケメンは普通に嬉しいのでたまに言ってください。)

周りは僕が童貞かどうかになんて興味はない

童貞が童貞であることをカミングアウトすることって、僕にとって勇気が必要だったりするんですけど、考えてみると誰かが童貞かどうかについて興味を持ってるやつなんてそうそういねえだろって思います。

だから自分では「カミングアウト!」つって一人で盛り上がっているけれど、それが周りに対して持つインパクトっていうのはそんなにないんだろうと思います。

そのカミングアウトはカミングアウトではない。

僕はここで童貞であることをカミングアウトしてるんだけれども、多分カミングアウトをするために1番その重要なマインドセットっていうのはカミングアウトをカミングアウトと思わないこと。

世の中には僕の童貞カミングアウトの何百倍ものインパクトを持ったカミングアウトが行われていて、それと比較すると僕のカミングアウトはほんと鼻くそのようなもんでカミングアウトとも呼べない。

まとめ

  • カミングアウトで自分のキャラを変えられる。
  • 周りは君が童貞かどうかになんて一ミリも興味はない。
  • カミングアウトするために重要なマインドセットは、カミングアウトと思わないこと。

童貞カミングアウトをお考えの皆さんは、参考にしてみてください。


ブログの感想など、レターポットで受け付けております!!!
letterpot.otogimachi.jp


今日は以上です!おつかれ!