より良い1日を読者と追求するブログ。

【Daigo式】1日中1つのことに集中する時間管理法

f:id:k-tanaka-dog:20180212191219j:plain

こんばんは、けんぞう(@AfTqc)です。

今回の記事の本題に入る前に1つ質問をさせて下さい。

『皆さんが1日かけて熱中したいことは何ですか?』

人によって答えは異なると思いますが、僕のブログを見て下さっている方は好奇心が強く学習意欲の高い方が多いと思うので、『読書』で考えてみたいと思います。(他の勉強などに置き換えて頂いても大丈夫です。)

1日中読書に熱中できたら最高に楽しくないですか?

僕は本の虫なのでこれをどうやって実現するかを色々と模索している中で、Daigoさんの放送から1つの方法を教わりました。今回はその最強メソッドをご紹介していきます。

集中力を継続するポモドーロテクニック

今回紹介するメソッドのベースになるのは、『ポモドーロテクニック』と言われるものです。既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、『ポモドーロテクニック』とは、短めの作業と短い休憩を繰り返すことです。具体的には「25分の作業+5分の休憩」を1回とし、4回(2時間)ごとに30分間の休憩を取ります。

「それだったら既に知ってるよ!」という言われそうですが、重要なのは5分休憩の使い方です。SNSやネットサーフィンなどにこの5分を費やしていませんか?(僕はよくこれをやっちゃってました…笑)

SNSに一旦触れてしまうとその後15分間集中力が途切れてしまうということも分かっているので、休憩時間にSNSを触るのは逆効果です。

ではどうすれば良いのかというと、瞑想です。

そう、5分間目を瞑って瞑想するのです。瞑想をやったことがない人は抵抗があるかもしれませんが、瞑想の手順それ自体はめちゃくちゃ簡単です。

  • ①姿勢を正して座る(椅子でも床でも)
  • ②目を瞑る
  • ③呼吸に集中する。

以上です。簡単そうじゃないですか?

でも意外に③のところでやたらと雑念が入ってくるのをスルーし続けて呼吸に集中を戻すのが難しかったりします。

ただ瞑想は集中力の向上にも繋がるので、5分間の休憩としてベストだと言えます。Headspaceは無料で使える瞑想アプリでお勧めです。

参考: 瞑想アプリ『Headspace』と9時間共にした僕がHeadspaceへの愛を叫ぶ - Curiosity




ポモドーロテクニックを活用するアプリ

ポモドーロテクニックを最大限活用することができるアプリが、Focustimeという無料のものです。こちらのアプリは一度スタートを押せば、自動で25分→5分→25分…のサイクルを延々と回し続けてくれます。


FocusTime

FocusTime

開発元:Fresh, LLC
無料

posted with アプリーチ


もちろんバックグラウンドでも起動しますし、タイマーを止めない限りアプリを終了させても回り続けるという驚異の粘り強さを持ったアプリです。

必要なのは25分と5分の間の切り替えだけなので、おすすめはタイマーをスタートさせて後はスマホを引き出しの中にしまって通知の音だけ聞こえるようにしています。Daigoさんもタイマーをセットして、Bluetoothのイヤホンで音だけ聞いているとおっしゃっていました。

このアプリと瞑想を組み合わせれば、ずっと読書に集中できるので僕と同じ本の虫の方は是非試してみて下さい(^^)

おまけ情報

おまけ情報としては、立ったまま読書がかなり良いと個人的に感じております。人は立っている時の方が判断力が優れ、長時間座っていると行動力が低下することがわかってることから、速読などをするならば立ったままがいいでしょう。

春からの新生活は立ったまま読書にちょうどいいデスクが欲しいな。

あとはfebeはやっぱりかなり良いですよ!作業中とか、朝起きてまだ眠い時間などに聞くと効率的に情報収集できます。
www.febe.jp




今日は以上です!