好奇心を爆発させよう

天才たちの日課から僕たち凡人は学ぶべきじゃないか?

f:id:k-tanaka-dog:20180214175634j:plain

こんにちは、けんぞう(@AfTqc)です。

以前の記事で平均以上効果について触れました。
www.kenzoooo.com

これと似たような心理傾向としてスポットライト効果というものがあります。これは自分は周りから自分は注目されていると過度に感じてしまう傾向です。しかし実際はクソダサいTシャツを着ていても周りはほとんど気が付かないというのが現実です。

ここで得られる教訓は2つです。

  • あなたは、あなたが思うほど優れた人間ではない。
  • あなたは、あなたが思うほど周りから注目されていない。

という訳で、僕たち凡人は天才たちから学びましょう。今日ご紹介するのが『天才たちの日課』という打ってつけの一冊です。

陰キャラ万歳

「まったく!僕は開会式とか、パーティーとか、そういったものは全部嫌いなんだ。どれも商売がらみか政治がらみだし、みんなしゃべりすぎだ。ものすごくいらいらする!」
ホアン・ミロ


激しく同意します。本書の中に登場する偉人たちは現代でいう陰キャラが多いです。実際、大学生を対象にした実験では内向的の学生の方が成績が高いということが『残酷すぎる成功法則』で紹介されています。なので陰キャラの僕たちは陰キャラを極めましょう。パリピはパリピ街道を突っ走って下さい。

世の中には無駄話しかしない時間泥棒も生息しているので、隠キャラの僕たちは自分の生産性を高めるために時間泥棒に気を許しすぎないことです。

仕事は立ってやろうぜ

ヘミングウェイは立って書いた。胸の高さまである本棚の上にタイプライターを置き、その上に木製の書見台を置いて、それに向かうのだ。
アーネスト・ヘミングウェイ

やっぱり立ってやった方が集中力は高まりますよね。読書にしてもブログを書くときにしても最近はずっと立ってやっています。15分以上座っていると人間の行動力は落ちるそうなので、できるだけ集中力を要するものは立ってやったほうがいいですね。

参考: 1日中1つのことに没頭する最強メソッド - Curiosity




優先順位を決めて結果を残そう

「何度も誘いを断っていると、人は気を悪くする」と村上は書いている。しかし、自分の人生で欠かすことのできない関係は、読者との関係だと彼は考えた。「読者は僕がどんなライフスタイルを選ぼうが気にしない。僕の新しい作品が前の作品よりよくなっているかぎりは。だったらそれが、作家としての僕の義務であり、もっとも優先すべき課題だろう」
村上春樹

優先すべきことが分かっていたら行動しやすいですよね。僕も『読みたい本があるから、飲み会行けないわ!』が許される世の中になればいいなとつくづく思っております。

毎日の習慣に小さな刺激を

ニコルソン・ベイカー
「毎日の習慣において、ひとつ発見があった。新鮮に感じられることを取り入れると役に立つということだ」

世には習慣に関する本がたくさん出回っていますが、習慣も大事だけど習慣に囚われ過ぎず柔軟に色々と試してみることが発想力を養う上で大切だと思ってます。

参考: なぜ大人になるほど変われないのか? 一貫性の原理に囚われる愚かな人間たち - Curiosity

イデアを逃すな

エドワーズはなにかアイデアを思いつくたびに、あとでそれを思い出すきっかけになるように、小さい紙切れを服でピンで留めていった。家に帰ってからその紙切れをはずして、思いつきをひとつひとつ書き留めていくのだ。何日も馬で旅をしたあとはなどは、服全体が紙切れで覆われていたという」
ジョナサン・エドワーズ

発想力がある人って、結局アイデアをちゃんとノートとかにストックしている人なんじゃないかと最近思い始めております。Daigoのノートの取り方の記事では触れませんでしたが、ノートはひとつにまとめることをおすすめします。異なるジャンルのアイデアが紐づいて、新しいアイデアを生むことができるからです。僕のブログから、心理学を用いたナンパの新しい手法を導けるかもしれませんよ。

参考: 【図解】Daigoオススメのストレスなく読書ノートを取る方法 - Curiosity

お風呂にはルーズリーフを、外出の際には百均で売っているB5サイズのノートを持ち歩きましょう。

さいごに

天才はみんな朝4時起きで一日中仕事をしているかと思いきや、本書で紹介されているクリエイティブな偉人たちは割とだらだらしている人が多いです。

全部読む必要はないですが、色々と日常で活かすことができそうなアイデアを得られるので寝る前とかにリラックスして読める一冊だと思います。