より良い1日を読者と追求するブログ。

【メンタリストDaigo式】発想力を鍛えるノート術

f:id:k-tanaka-dog:20180712075610j:plain
Daigoさんのノート術がお勧めしているノートの取り方をご紹介します。

ノートは一冊!

一般的にノートはジャンルごと、目的別に分類するのがスタンダードですがDaigoさんのノート術はノート1冊主義が基本です。

ノート一冊主義とは、学んだこと・思い付いたこと・スケジュールまで全てを一冊にまとめてしまうという考え方です。

僕も受験勉強をしていた時などはノートをできるだけ分類していましたが、これはいくつかの弊害があります。

  • 分類しすぎて、『どのノートを使おうか?』と迷う時間と精神力の無駄
  • あまり使わなかったノートの残り部分の紙の無駄
  • 増えたノートを持ち運ぶ際の、体力の無駄

つまり、ノートを増やすと圧倒的に無駄が多いことが見て取れます。

実際に行動経済学という分野から、『ひとは選択肢が多くなるほど、選ぶことを避けるようになる』ということがわかっています。

という訳で、全部一冊にしようぜ!っていうのが一冊主義の考え方です。

僕も本当に全部一つにまとめています。こんな感じで。
f:id:k-tanaka-dog:20180220173357j:plain

一冊でまとめることで得られる、様々なメリットをご紹介していきましょう。

異なる分野の知識がつながる

Daigoさんがなぜノートを1冊にまとめるのか?ニコニコ動画でおっしゃっていたことは、『1冊にまとめることによって異なる分野の知識が繋がるから』という理由です。

知られている通りDaigoさんはかなりの読書家であり、勉強家でもあります。幅広いジャンルを学んでいる中で知識を繋げることによって、アイデアを生み、ご自身のビジネスを発展させているというわけですねえ。

僕自身『どうやったら早起きできるかなあ』と考えながら、行動経済学の本の読書録をみている中でアイデアを思いつたりということがありました。
f:id:k-tanaka-dog:20180220173540j:plain

画像は、こちらもDaigoさんがおすすめしていたスリーワードノート術という方法で、読書した内容を書き出したものです。スリーワードノート術について↓
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/k-tanaka-dog/20180208/20180208131200.jpg

www.kenzoooo.com




実は一冊じゃない。

勉強家であるDaigoさんは常にペンとノートは肌身離さず持っているとのこと。

僕の真似しようと思ったのですが、なかなかA4サイズのノートだけを持ち歩く習慣が身につかなかったので、代わりに100円ショップで売っているミニノートを持ち歩くようになりました。

こいつです。
f:id:k-tanaka-dog:20180220173750j:plain

人と話をしている時に『面白いな』と思ったこととか、ふと思いついたことを書き留める用に使っています。

さいごに

いかがでしょうか?

Daigoさんのノート術はどれも効果的で、しっかりと実践していけば人生が豊かになりますよ。

関連記事
「記憶への定着」にフォーカスしたノートの取り方を解説しています。
www.kenzoooo.com

Daigoさんのニコニコチャンネルのメリットを解説しています。
www.kenzoooo.com

【おすすめ】Daigoさんが過去に紹介されたオススメの本をまとめています。
www.kenzoooo.com


参考: