より良い1日を読者と追求するブログ。

特定のサイトをブロックできるChrome拡張機能を紹介するけど、僕のブログはやめてね。

f:id:k-tanaka-dog:20180717071124j:plain

自分があまり観たくないサイト・時間を無駄にしてしまうサイトをブロッキングできるGoogleChrome拡張機能をご紹介します。

Blacklist

f:id:k-tanaka-dog:20180307122735p:plain
僕が使っているのはこれです。

使い方はすごくシンプルで、
①Blacklistを導入
chrome.google.com

②ブロックしたいサイトを開き、マークをクリック
f:id:k-tanaka-dog:20180307122900p:plain

③このような画面になればブロック完了
f:id:k-tanaka-dog:20180307122958p:plain

ブロックを解除するときはこのようにカウントダウンで知らせてくれるので、この時間に『そのサイトを本当に観るべきかどうか』を熟考することができます。
f:id:k-tanaka-dog:20180307123122p:plain

サイトをブロックすることによるメリット

見たくないんだけれど、なぜか見たくないサイトは僕の場合Youtubeで、ブロックしてChromeを使っています。

ブロックすることで得られるメリットは結構あって、

  • 安心してブラウザを開くことができて、情報収集やブログに集中できる
  • ブラウザを開く作業でも、集中できるので余剰時間ができる

その他の拡張機能

個人的には上記のBlacklistで十分ですが、他にもサイトをブロックできる拡張機能はいくつかあるので紹介しておきます。

Blocker
chrome.google.com

特徴はURL単体だけでなく、「***.tumblr.com」のように設定すれば一掃的にサイトをブロックできるということ。

Beta
chrome.google.com

サイトをブロックする時間設定もできるというのが特徴。

やっぱり環境だと思う

以前に自責思考の記事でも書きましたが、人は意志の力では変われないと思っています。

参考: 自責自責自責思考の落とし穴。 周りのせいにしちゃおうぜ? - 今日もぐっすり眠りたい。

  • 自分にとって理想的な行動を取れる環境を作る
  • 自己嫌悪になる行動を抑制する環境を作る

後者において、ブロッキング拡張機能は大活躍ですので、ぜひご活用ください。

知識を配信するLINE@もやってます、気になる方はぜひ▼
友だち追加