より良い1日を読者と追求するブログ。

そろそろ『ググれカス』から『考えろカス』に変わると思う。

まだ『ググれカス』の時代でしょうか?

ググレカスの限界

ググれカスという言葉は、自分で検索して答えを見つけることをしない人に対してかけられていた言葉だそうです。

参考:Wikipedia:削除された悪ふざけとナンセンス/ググレカス - Wikipedia


ぼくは使ったことない言葉で、人に色々聞いたりするのでむしろ言われる側の人間かもしれません。

しかし、これからはググレカスよりももっと厳しい時代になるような気がします。

考えろカスの時代です。

悩むのはググっても答えのない問題

『図書館の開館時間』や『歴代の総理大臣』などはGoogleが教えてくれますが、僕たちがリアルな世界で悩むことはだいたいGoogleが解決出来ないことではないでしょうか?

どうしたら、より幸福度を高められるか?

どうしたら、時間をよりうまく使えるか?

なにを目的に生きようか?

こういう問題は、人のバックグランドによって答えは異なりますし、人から与えられた答えでは納得感を持つことができないため、自分で考える必要があります

人から教わる小手先のテクニックよりも、自分で導き出した納得解の方が往々にしてうまく行きます。

思考の蓄積はGoogleより価値がある。

自分が考えたアウトプットはどこかに必ず残しておいた方がいいと、個人的には思っております。


自分が納得感を持った質の高い思考を書き込んだノートは、アウトソーシングで書かれた記事が検索一位にくる検索エンジンよりもあなたにとっては価値が高くなるかもしれません。

というわけで、皆さんもノートを積極的にとりましょう。というのが今日のまとめ

ノートの取り方について参考記事
www.kenzoooo.com

www.kenzoooo.com