好奇心を爆発させよう

マインドマップでアウトプットを高速化し、ブログアクセスを増やす方法

最近アクセスが増えてきた話などなどをします。

アウトプットを高速化したら、アクセス数も伸びる。

お気付きの方もいらっしゃいますでしょうが、最近はブログの更新頻度が増えました。具体的には先々週投稿が8記事で、先週が15記事なので約2倍ほどです。

投稿数に比例してアクセス数も増えるようになりました。具体的には

  • 3月12-18日 1300PV
  • 3月19-25日 2100PV

文章は文章の難しさがあると思います。今回は、思考→文章へとアウトプットする方法について書きます。

マインドマップはやはり無敵

さきに結論から言ってしまうと、マインドマップを使います。以前もマインドマップを使って、思考を整理する方法について書きましたが、やはりマインドマップは思考→文章の変換装置として非常に優れていると思います。

参考記事
マインドマップを使ってブログをよりストレスフリーで書こう。 - Curiosity

もともとマインドマップ自体はメンタリストのDaigoさんが講演会の際に、マインドマップを使って話をまとめているのを見てヒントを得ています。

マインドマップを書く手順は、前回紹介した通りですが

  • ①トピックを決め、中心に書き出す。
  • ②トピックに関連のある話を、周りへ展開する。
  • ③できるだけ具体的に書き、序論と結論を明確にする。

f:id:k-tanaka-dog:20180224171245j:plain

①のトピック自体は、日常的にノートや付箋、スマホなどに残しておくことをオススメします。ぼくは基本的にノートの中の、ひとりTwitterに書き込んで、ブログのネタとあとでわかりやすいように『B』と書いておきます。

②については、自分なりの型があるといいと思います。僕の場合は基本的に、マインドマップ右上に『その話をしようと思った背景』を書き出します。これはブログの大見出しの1つめになります。

③は意外と大事です。マインドマップはブログを躊躇なく文章化するための土台であり、マインドマップを書き終えた時点でもうほとんど記事を書いたといえる状態になる必要があります。
なので、マインドマップの中では実際に記事の中で使われるフレーズを入れるなどの『具体性』と、話がどこから始まりどこへ落ちるのかという『序論と結論』が明確である必要があります。

マインドマップをより効果的に使う方法

  • アプリを使う

マインドマップスマホや、PCで作成できるアプリがあります。こういったものを使って、マインドマップに慣れていくのもいいかもしれません。

SimpleMind+ 直感的なマインドマッピング
SimpleMind+ 直感的なマインドマッピング
開発元:xpt Software & Consulting B.V.
無料
posted withアプリーチ

  • タイマーを使う

マインドマップ自体に時間がかかり過ぎると意味がないので、タイマーを使って時間を制限を設けて、一気に書き出しましょう。

  • 汚くていい。

マインドマップ自体は綺麗である必要はないと、個人的には思います。綺麗さよりも自分がそれを理解できるかどうか、アウトプットの土台として機能するかどうかの方が大切です。

  • 数をたくさんこなす。

数は質へと転化するということを信じています。マインドマップも大量に書いていると、だんだん慣れてきて、完成させるまでの時間も短縮できるようになります。ぼくはアウトプットの土台に限らず、授業のまとめやテスト対策なんかもマインドマップを使って整理していました。

おためしあれ〜