好奇心を爆発させよう

東急目黒線から南北線にかけての混雑状況。 通勤ラッシュを避けるには

東京の満員電車は、やはり辛いものがあります。

今回は、ぼくが通勤の時間帯を変えながら調べた南北線の混雑状況についてご紹介します。

1番空いているのは6時台、1番混むのが8時台

先に結論から言ってしまうと、僕が経験した範囲内では

  • 一番混んでいるのが8時台
  • 一番空いているのが6時台
  • そこそこなのが、7時台

という感じです。

もし既に早起きの習慣がついていて、通勤ラッシュを避けたいという方は6時台の早朝の電車に乗ることをお勧めします。

6時台はベビーカーが乗れそうなほど空いている!

6時台は、さすがにこの時間に通勤をしているという人は少ないようで、全車両かなり空いている感じでした。

具体的、6:40の電車東急目黒線西小山駅」から東京メトロ南北線六本木一丁目駅」までの混雑状況は、

  • 各ドア付近は4人程度
  • 全席は埋まっている
  • 各シートの前手すりには2人程度

というくらいの人数規模でした。 だいたい想像つきますでしょうか。

入り口付近のところなどは特にスペースがあり、スペースはだいたいベビーカーが入れるくらいです。

本を広げて読んでいる人もいました。

8時台はかなりしんどい。

8時台がいわゆる通勤ラッシュと言われる時間ということを働き始めて知りました。

入社式の日は、8時台の前半から駅で人の移動を観察していましたが、8時台前半が一番ピークのようです。

8時台後半にかけて、少しずつマシになってはいきますが、満員であることには変わりありません。

西小山駅から六本木一丁駅へ向かう電車では、鬼のターニングポイント『目黒駅』があります。

この時間帯の通勤に慣れているおじさんは、電車が出発するアナウンスが入るまで電車の入り口でスタンバっておいて、アナウンスと同時にグイッと車内に体を入れてくるという荒技を披露してくれます。

早起きして6時台に乗るのがおすすめ!

7時台も8時台と比較すると、そこそこ空いていますがやはり一番ストレスがかからないのは6時台です。

6時台の電車に乗ろうと思うと、かなり早起きをしないといけないことになりますが、そこは早起きをする機会としてポジティブに捉えてみてはいかがでしょうか?