好奇心を爆発させよう

ブログの継続によって身についたことが、仕事で生かされる場面

今週からお仕事が始まりました。 楽しく働かせて頂いております。

働く前まではずっとブログの記事を書くことを、趣味としてやっていたのですが、ブログを継続することで身についたことが仕事に活かされるという感覚があります。

ブログと仕事の相乗効果について書きます。

タイプしながら思考を文章化する技術

やや抽象的ですが、タイピングをしながら自分が考えていることを文章として表現する力がブログの継続によって身についてきているのかなと感じております。

どのような職種についても文章を書くと言う業務は少なからずあり、そういった場面では、自分が考えていることを相手に伝わるようにテキストに変換するということが必要になります。

これはブログを始めた頃はかなり苦戦したことで、なかなか自分の思考を伝えるにはどの順番で、どういった言葉を使えばいいのかが全く分からなかったです。

今で記事数はだいたい190くらいでまだまだですが、それでも文章化する技術について成長しているということは事実としてあると思います。

シンプルにタイピングスピードが速くなる。

ブログを毎日書いていると、いやでもタイピングのスピードは高まっていくと思います。

特に以下のようなことを考えて、ブログ更新をしているとなおさら

  • 記事をたくさん書きたい
  • 1記事にかけるスピードを短縮して、生産性をあげたい

ぼくもクオリティがめちゃくちゃ高い記事を書くというよりは、量産的に記事を書いていこうというスタンスなので、タイピングスピードはかなり重要です。

僕が入った会社はIT系なので、PCと向き合う時間は長くなりますし、タイピングをする時間が大半を占めると考えると、ブログによってタイピングスピードが高まったことは仕事との相乗効果と言えます。

論理的に物事を整理する力

文章は論理的に破綻していると読むことができませんし、ちょっと崩れていると読むづらくなってしまいます。

なので、自分なりにテキストベースで情報を論理的に整理する力を養っておくことが、テキストベースのやりとりの際には必須だと思います。

ブログを書いていて論理的な力が養われると僕が思う理由は、

  • タイトル→見出し→本文と抽象と具体を意識できる
  • 文章の前後関係等による論理的なつながりを意識できる
  • 箇条書きなど、よりわかりやすい文章の書き方を意識できる

などがあります。

僕の場合は口頭で何かを伝えるのが逆に苦手なので、テキストベースで物事を伝える力を養っておかないと自分が困るなと思います。

こういった仕事との関連性以外にも、ブログは普通に趣味として楽しいので継続してやっていこうと思います。