好奇心を爆発させよう

『人には努力に見える、でも自分にとっては努力ではない。』ここ数年で最も刺さったイチロー選手の名言。

https://ovp.suntory.co.jp/output/5714930400069/640_premiummalts_1m53s_20180307.jpg
参照:ザ・プレミアム・モルツ 『Interview with ICHIRO』 イチロー スペシャルインタビュー 1分53秒 サントリーチャンネル サントリーCM・動画ポータルサイト

イチロー選手の名言の震えました。

人には努力に見える、でも自分にとっては努力ではない。

僕が心を震わされたイチロー選手の名言の引用はこちらから。
www.youtube.com

Q.努力は報われますか?
A.報われるとは限れないですね。

もっと言うと、『努力』と感じている状態はまずいでしょうね。その先に行けば、人には努力見える、でも本人にとってはそうじゃない状態を作ることができれば、それは勝手に報われることがある。

ふわっと感じていたことが、ドンピシャで言語化されていた時の感動で心が震えました。

一つのことを続けると、『努力』を超えるラインが必ずある。

ここからは僕の個人的な意見になるのですが、ある一つのことを継続して続けていると、それをやることを『努力』と感じなくなる段階が必ずあるということを思っています。

ブログを書くことも最初は面倒で難しいと思っていましたが、最近はむしろブログで発信することなしに自分の精神的な安定を保てないくらいの必要不可欠なものになっています。

筋トレも最初は腕立てしんどいなと思いながらやっていましたが、だんだん筋トレをやることの意義を自分なりに見出だしてきて、今では生活習慣の一つとして組み込まれています。

早起きも同じです。最初は眠たいし、しんどいなと思ってやっていましたが、どこかのタイミングでそれをやることが当たり前になる瞬間が訪れます。

こういったことは人に話すと、場合によっては『超ストイックだね』と言われることもあるのですが、『そうじゃないんだよなあ…』といつも感じます。

こういったことは、努力でそれを続けるというラインを超えてそれをやることが当たり前になっているからです。




まずは始めること、継続する仕組みを作ること。

努力と感じるラインを超えるためには、何よりもまずはちょっとでも心が惹かれることを始めることだと思います。

始めてしまえば、あとは継続できる仕組みを作ることが大切。

毎日それをやるための時間を作って、毎日振り返りをするようにしていれば習慣化は難しいことではないと思います。

努力を超えて、人生を楽しみましょう。