より良い1日を読者と追求するブログ。

惰性的な1日にしないための挽回戦略

f:id:k-tanaka-dog:20180429100650j:plain

平日は5時起きをしている僕ですが、土日は結構寝ます。今日は8時くらいまで寝ていました。9時就寝で。

しかも、実は5時に目が覚めていたのに8時くらいまでベッドでスマホをポチポチしていました。皆さんはこういう惰性的な始まり方をしてしまった週末を、どう過ごしますか?

今日は惰性的な始まり方をしても、最終的には気持ちよく寝るための1日の挽回戦略について考えようと思います。

Daigoさんおすすめの『チートデイ』とは?

社会人になると学生の頃とは違って、平日と土日の線引きが明確になる分、土日だらだらしてしまうと言う人も多いかと思います。

ぼくはDaigoさんのニコニコチャンネルから色々と情報を仕入れているのですが、先日Daigoさんが紹介されていた方法が『チートデイ』という考え方。

これはあらかじめサボる・だらだらするための日を設定しておくと言う方法です。

例えば、いまダイエット中だけど毎週土曜日は好きなものを食べていいとか、平日は早起きをしているけれど週末だけは好きなだけ寝ていいとか。

このチートデイを設定する方が、目標達成の確率が高まるとのこと。つまり『今週末はチートデイだから、それまでは頑張ろう!』と自制心を保ちやすくなるのです。

ここで大切なことは、チートデイを『あらかじめ』決めておくと言うことです。理想は2週間に1回がいいとのこと。

つまり、「今日は何となくさぼりたいからチートデイにしよう」というのは効果がないのです。それは単なるさぼりですもんね。

これだけ偉そうに紹介してきましたが、ぼく自身はっきりしたチートデイを設定できていませんでした。なので毎週土曜日をこれからチートデイにしようと思います。2週間に1回はちょっと無理(笑)

僕のチートデイ内容は

・普段は鶏ささみばかり食べているけれど、土曜はラーメンなども食べていい。
・普段は家でシャワーだけだけれど、土曜は近くの銭湯に行っていい。
・普段はお酒は飲まないけれど、土曜はビール一杯だけ飲んでいい。

などなど、色々と解放したいと思います。筋トレは体が欲している部分があるので、土曜日もやろうかなと思います。




理想と最低限を分離する。

語学の勉強をしたり、ジムに通ったり、プログラミングの勉強をしたりと土日の時間を自分のために有効活用したいと言う人も多いと思います。

でもなんだかんだやらない理由を作ってしまって、だらだらして終わってしまうというのはあるあるですよね。

僕も昨日立てたスケジュール通りには全く進められていません。昨日の自分は、今日の自分が5時に起きると思っていましたから。

それでもある程度満足できる週末にするためには、最低限これだけはやろうということを決めておくといいと思います。

例えば英語の学習に最低20分は時間をとろうとか、最低プッシュアップ10回はやろうとか。

僕の場合は、『何時に起きたとしてもまずはジムに足を運ぼう』ということと、『ブログの記事を最低1記事は書こう』などを最低ラインとして置いています。

これがあると、たとえ朝の時間を有意義に使えなかったとしてもリカバリーをすることが可能です。

目的別で場所を変えよう。

これはDaigoさんの最新の著書『超時間術』でも紹介されていた時間術ですが、目的別に場所を変えるという方法です。これは本当に効果的なのでおすすめ!

例えば週末にやりたいことに、『英語の勉強をする』『体を鍛える』『本を読む』『リラックスする』などが入っているとします。

これを目的別で分解していって場所を割り当てるということで、具体的には

  • 英語の勉強 → カフェ
  • 体を鍛える →近くの体育館
  • 本を読む →図書館
  • リラックスする →近くの公園など緑のあるところ

といった形です。できればこれをスケジュール帳に書き込んでおくとより行動に移しやすくなります。

さてまだ朝の10時です、今日も良い1日にしましょう!