より良い1日を読者と追求するブログ。

信頼を得るには弱さを曝け出すこと。ボロが出る偽装完璧人間にならないために

f:id:k-tanaka-dog:20180429104552j:plain

相手から信頼を得るためには、自分の弱さを見せていくことが大事だということを最近意識しています。

弱さを見せることが苦手な人も多いと思います。僕もめちゃくちゃそういうタイプでした。いかに自分が完璧であるかを人に示したいというか。(あらゆる点において完璧から程遠い人間なんですが)

ただ最近仕事が始まって人と触れ合う機会が増えてきて、弱さを見せることに関して心境が変わりつつあるので、きょうは弱さを見せることについて考えてみようと思います。

人の心を掴むのは『人間味』だ。

度々登場しているDaigoさんのニコニコチャンネルからの情報を今回も引用すると、以前おっしゃっていたのがプレゼンなどで聴衆の心を掴むならまずは『自分はあなた達と同じ人間である』ころを示すべきということです。

つまり自分も苦い経験をしたことや、努力をしてきたことや、失敗を積み重ねてきたことなどをしっかりと伝えることによって相手と同じ目線に立つことによって、相手からの共感を得やすくなるということですね。

経営者の方やすでに何かしらの分野で経済的に成功していらっしゃる方が話をする際には、必ずこのようなテクニックをみることができます。そしてもちろんDaigoさんもこのテクニックをかなり使われています。

小さい頃に受けたいじめの話や、大学時代もイケてなかった話などから今のDaigoさんの地位に至るまでのストーリー展開は何度聞いてもすごいと思うし、自分にもできるかもしれないという勇気をもらうことができます。




完璧人間を装おうとボロが出た時に信頼を失う。

例えばぼくが一年中365日5時起きで毎日筋トレをして、糖質制限された食事を完璧にこなしていて、家のそうじも完璧で、プラスで語学の習得をしている自分を装っているとします。

おそらくこういうのはどこかしらでボロが出ます。同期と飲みに行った時に、『あれ、完璧に糖質制限してるんじゃないの?』のような形で。

ここで小手先の言い訳が通ったとしても相手としては、自分で言ったことをやっていない人という風に心の中では思われてしまいます。偽装完璧人間はボロを出すと完全に信頼を失ってしまうし、何となく格好悪いですよね。

こういった最悪の事態を避けるために、弱さをみせることが大切だと思うのです。

弱さをみせるとは、単に正直であること。

僕はたぶん少数派の生活習慣(9時寝5時起き)で、周りの同期から驚かれ感心されることがよくあります。

そしてよく聞かれることが『土日も5時起きなの?』という質問。『うん、土日も変わらず5時起きの習慣やで』→『すげ〜』というのが、おそらく僕にとって一番気持ちが良い展開でしょう。

しかし、正直にいうと土日の僕はかなり堕落していますし、5時には起きていません。なのでいつも正直に、『土日は結構だらだら寝てるよ』と答えるようにしています。

僕にとって一番気持ちが良い展開にはなりませんが、自分もそこまで徹底できる人間ではなくて、堕落してしまうこともあるという人間味を出すことを優先しています。

弱さをみせるということは、単純に人に対してある程度正直になることだと思います。

無理に社交的に見せる人よりも、自分はかなり人見知りだけどちょっとずつ改善するように努力をしていると正直に言う人であれば、確実に後者の方が親近感が湧きますよね。

僕もまだまだ発展途上ですが、すこしずつ弱さをみせる練習をしていこうと思います。

今日も良い1日を!