より良い1日を読者と追求するブログ。

フィリピン人講師に指摘されるほど猫背だった僕が、同期から『姿勢良いね』と言われるようになるためにやった3つの対策

f:id:k-tanaka-dog:20180503171954j:plain

みなさんおはようございます。田中です。

突然なんですが、みなさん姿勢はいい方ですか?

僕はおそらく小学校くらいの頃から、猫背でろくに直そうともしてこなかったので22年間くらいはずっと猫背でした。

しかし、最近になって猫背を改善する対策を打っていき少しずつ治ってきているので、今回は僕がどうやって猫背を治してきたかについてご紹介します。

『君が年老いて見えるのは、猫背だからだよ』と留学中の先生に言われるほどの猫背だった。

過去の自分は相当な猫背だったと思います。もちろん今でも発展途上ですが、昔はかなりひどかったですね。

昨年の夏頃にフィリピンに留学にいっていたのですが、その時にやたら年上に見られるのが何でかなと思ってフィリピン人の先生に相談してみると

君が年老いて見えるのは、姿勢が悪いからだよ。

と和やかにディスってくれました。

この先生以外に、親や友人にも猫背だねと言われることが多かったんですが、猫背でいることのデメリットを理解していなかったのでちゃんと治さずに生きてきました。

対策1: 筋トレしていたら、勝手に姿勢がよくなってきた。

2月の中旬に早起きを始めたタイミングで筋トレも始めたのですが、その時は姿勢をどうこうするということは全く考えていませんでした。

しかし、筋トレを継続して1ヶ月くらい経ってくるとちょっとだけ筋肉がつき始めて、体を正しい姿勢で保てる時間が長くなってきます。

僕が筋トレのメニューについて考える際、参考にさせてもらっているこちらのメトロンブログさんの動画でも同様に姿勢について触れられています。

www.youtube.com





対策2: ボディメイクシートで強制的に良い姿勢を作る。

仕事が始まってデスクに向かう時間が長くなってきて、さらに姿勢に対する配慮をしなくてはいけないなという意識が芽生え始めました。

基本的に僕は、『自分を変えるなら環境から』というスタンスを持っているので、まずは強制的に姿勢をただすことができる環境を作ろうと考えて、行き着いたのが『ボディメイクシート』です。

ロフトなどでも売っているので割と有名ですかね。座ると背中の部分を押し込むような圧力が働いて、半強制的に良い姿勢になることができます。

f:id:k-tanaka-dog:20180503104919j:plain

これは自宅での写真ですが、僕は職場にも持っていって活用しています。平日は職場で過ごす時間の方が長いので。

個人的に『ボディメイクシート』はかなり気に入っていて、背中が痛くなるという人がいますが、あれは背中を預けちゃってしまっているからなんですね。

つまり、背中を完全に預けてもたれるのではなくて、背中の後ろに若干隙間をつくるように座れば痛くなることはないし、かなり良い姿勢をつくることができるんです。
f:id:k-tanaka-dog:20180503105127p:plain

僕は土日は自宅でブログをコリコリ書いているので、自宅用にも買う予定。姿勢をよくしたい方には良い投資ですよ。

対策3: PCスタンドとワイヤレスキーボードで作業空間をデザインする。

自宅と仕事場の自分のワークスペースを姿勢をよくするというスタンスで、デザインすることも大事だと思います。

以前Macbookに取り付けられるミニPCスタンドをご紹介しましたが、最近はさらにグレードアップさせています。

参考記事
www.kenzoooo.com


より傾斜のあるPCスタンド・ワイヤレスのキーボード・マウスを導入し視線が下に落ちないようにしています。これもまずは環境からという話です。
f:id:k-tanaka-dog:20180503105505j:plain

ちなみに使っているPCスタンド類はこちら↓


Appleさんには申し訳ないんですけど、やっぱりMacbookのキーボードは僕としては打ちにくくて、ガチャガチャと音がしてもワイヤレスのものの方が僕は作業が捗りますし、ブログを書くということに対しての抵抗もなくなります。

まとめ

さて今日の記事の内容をサクッとまとめていきます。

僕が姿勢を治すためにやったことは、

  • 筋トレをする。
  • ボディメイクシートを使う。
  • PCスタンドとワイヤレスキーボードでワークスペースをデザインする。

の3つです。

いきなり全部は無理でも少しずつ始めてみると、効果が見え始めると思います。効果が見え始めると、さらにやる気が湧いてくるのでまずは始めることが大切だと思います。

さて、今日もシャキッと頑張りましょう。