より良い1日を読者と追求するブログ。

僕が1カ月半でTOEICを710点から855点まで伸ばした5つの具体的方法

f:id:k-tanaka-dog:20180504144513j:plain

みなさんおはようございます。TOEICが145点伸びたことで浮かれておる田中です。

f:id:k-tanaka-dog:20180503170642p:plain

今日は僕が約1か月半ほどかけてTOEICの点を710点から855点まで伸ばした5つの方法について書こうと思います。

これからTOEIC受験などを考えていらっしゃる方は参考にしてみてください。

「集中できる朝の時間」を1時間以上は作ろう。

僕は2月後半からTOEICの勉強を始めて、4月の頭に受験したのですがそれまでの平均の勉強時間はおおよそ3時間程度です。

僕が尊敬しているDaigoさんもおっしゃっていることなのですが、人間の集中力は3〜4時間が限界だそうです。なので土日とかに8時間勉強するみたいな無茶な計画を立てるのではなくて、1日に最も集中できる時間を英語の勉強に当てることが大切です。

朝の最初の2時間は最も集中できる時間帯ですから、TOEIC対策をするのであればこの時間を活用しない手はありません。

僕の場合、5時おきの習慣作りと同時にTOEICの勉強を始めましたから、朝の最初の2時間はTOEICの勉強に割くようにしていました。

時間を作るために最も有効な方法は今やっていることをやめることです。効率化や時間を制限するなどの方法もありますが、必ず限界があります。

僕の場合、SNSを一切断ち切りました。

www.kenzoooo.com


SNSをやめたことは勉強時間を確保できるようになっただけではなく、無駄な時間の浪費をしなくなったり、人と比較しなくなったりといった副作用も産んでいます。

なので、SNSをやめるのはオススメですよ。一般人としてTwitterとかをやるメリットって一切ないですから。

パブリックコミットメントで自分にプレッシャーをかける。

僕はTOEICで900点を取ろうと決意し、それをブログで公表しました。その時はfacebookとかもやっていたので、結構知り合いとかにも見られる場所で自分の目標を宣言したわけです。

これはパブリックコミットメントと言われるやり方で、公で目標を宣言し、自分をやらざるを得ない状況に追い込むという方法ですね。

結果的に900点を取ることはできませんでしたが、パブリックコミットメント自体はかなり有効だったと思います。常に脳裏で「宣言しちゃったし、やらないとまずい」ということは考えていましたから。

まずは単語を1週間ひたすら暗記。

具体的な勉強方法についても解説します。

TOEIC対策の具体的な方法をYoutubeで配信しているAtsueigoさんによると、まずTOEICの点を上げるなら単語の暗記から始めるべきということから僕も単語暗記から入りました。

www.youtube.com


使っていた単語帳はこちらの2冊。これらも確かAtsueigoさんの動画で紹介されていたものだと思います。

僕は最初の1週間くらいはひたすらこの2冊に載っている単語の暗記に時間をかけました。単語を知らないことには、文法問題も長文問題も解けないですからね。

単語を覚えるときはひとつひとつ口にしながら、勉強していました。僕は以前に発音について学習した経験があったので、発音記号を見ながら単語を発音することができましたが、発音記号を知らない人は一通りしておいた方がいいと思います。

単語学習時に自分で発音して勉強しておくと、リスニングの時にも生きてきますので。

発音記号に関して解説されている記事↓
www.langland.co.jp




2週目からは公式問題集と模試を解きまくる。

勉強を始めて2週目からはひたすら公式問題集と模試を解きまくりました。実際の問題がどういった傾向があるのかについて知ったり、時間配分に関して自分なりの感覚をこの時に養うことができたと思います。

使っていた公式問題集と模試テキストはこちら↓

この2冊で5回分のTOEIC練習をできます。一番時間をつぎ込んでいたのはやはりこの公式問題集と模試ですね。復習も何回もやって、満点がとれるくらいまでやりました。

あとは、リスニングPartに関しては音読で対策をするようにしました。音読の勉強法に関しては賛否両論あるようですが、僕の場合はシンプルに一番集中力を継続できるのが音読なんですよね。

Part3,4の音読は間違えたところを10回くらいはやりましたね。

苦手なところを特定して、対策を打つ。

模試を何回も解いて、自分の正答率を毎回計算していると自分の苦手なPartがだいたいわかってくるんですよね。

僕の場合は、Part6がかなり苦手だったようで何度模試を解いてもPart6だけは正答率が上がらなかったので新しくPart6用のテキストを購入して対策をすることにしました。


対策用に使ったテキストがこちら↓

特急シリーズは多分TOEIC対策をしたことがある人なら一度は聞いたことがあるんじゃないかなというくらいわりと有名。レビューでも高評価ですが、実際よりも難しめの問題が入っていたり、時間配分が各問題で設けられていたりとかなり使いやすかったです。

このテキストは3周くらいしました。時期としては最後の1週間くらいですね。

まとめ

今回の内容をまとめると、TOEICの点を伸ばすための僕がやった5つのことは

  • 1日3時間を確保する。
  • 朝の集中できる時間を有効活用する。
  • 最初の1週目は単語の暗記に使う。
  • 2週目からは模試を解きまくる。
  • 苦手なPartの対策を最後の週に行う。

ちゃんとした教材と、集中力と、時間があれば独学で十分TOEICの点は伸ばすことができると思います。

僕は満点取れるまでTOEIC受験しようと思いますので、皆さんも頑張りましょう。