より良い1日を読者と追求するブログ。

Chrome拡張機能を使って見たくないサイトを徹底的に排除する方法。閲覧すべきサイトの基準とか

f:id:k-tanaka-dog:20180506082344j:plain
みなさんおはようございます、けんぞうです。

以前こちらの記事で特定のサイトをブロックする方法をご紹介しました。
www.kenzoooo.com

しかし、どうしてもブロックを解除してまた使い始めてしまうということもあると思います。僕の場合はSNS等を一時的にブロックできても、また開いてしまうという病が長らく続きました。

今回は自分が観たくないサイトとの戦い方や、閲覧するサイトの基準について解説していきます。お楽しみください。

何重にもブロックする。

サイトをブロックするためのソフトを入れようかとかも検討するにはしたんですけど、結局一番手っ取り早いのはChrome拡張機能に頼る方法なんですよね。

導入も簡単だし、ブロック自体もすんなりと完了させることができます。

僕は最初は『BlacklistSite』という拡張機能を中心的に使っていましたが、これのちょっとした弱点としてはワンクリックだけで解除できちゃうんですよね。

(解除画面)
f:id:k-tanaka-dog:20180506081732p:plain

そこで以下のサイトブロック拡張機能をさらに追加し、一つのサイトをいくもの拡張機能によって何重にもブロックをしまくるという作戦に出ました。

chrome.google.com

chrome.google.com

chrome.google.com

もうがんじがらめですよ。特にね、ツイッターとかのアカウントを消した後一定期間はアカウントが有効で、再度ログインしちゃうとまたアカウントが復活しちゃうんですよね。

うっかりアカウントを復活させないために、僕はTwitterFacebookに関しては2重くらいブロックしていました。

自分なりの基準を持とう。

散々サイトをブロックする方法について書いてきましたが、それでも不快なサイトを全部洗い出してブロックするということは効率的ではないですし、たぶん不可能です。

なので、自分なりに『どういうサイトを見るべきか?』についての基準を持っておくことが大切だと思います。

僕が尊敬しているメンタリストのDaigoさんがネットファスティングの放送の際におっしゃっていたのは、Daigoさんは科学的に根拠のあるようなニュースしか観ないようにしているとのこと。理由は誰かが書いた記事は主観によってしまって事実が歪んでしまうからですね。

かく言う僕の場合は情報の源は、Daigoさんのニコニコ放送か読書から得られる知識ですね。芸能ニュースとかテレビもないので、本当に見ないですね。

自分がどういった情報を求めているかを知って、その分野に関する信頼できる情報源を特定して定期的にそこから情報を得るのが最も賢いネットの使い方だと思います。

定期的な情報配信を見逃さないためには、Feedlyとかがおすすめですね。

Feedly - Smart News Reader
Feedly - Smart News Reader
開発元:DevHD
無料
posted withアプリーチ