より良い1日を読者と追求するブログ。

習慣を作るにはGoogleカレンダーが非常に優秀。僕が働きながらブログを毎日更新できるようにした仕組み

f:id:k-tanaka-dog:20180513123625j:plain
おはようございます、けんぞうです。

最近ブログを毎日更新できるような仕組みを作ったのですが、それと同時にGoogleカレンダーを使って更新した記事の管理をするようになりました。

ブログの記事管理と、Googleカレンダーは非常に相性がいいと思うので今日は僕なりのGoogleカレンダーの使い方を紹介したいと思います。

平日書きたくなったことをGoogleカレンダーの週末にスケジュールとして入れておく。

僕は以前にも書きましたがほとんどの記事を週末にまとめて書くようにしています。週末に書く内容は平日の間に起こったことや感じたことなどを書いています。

平日に自分が感じたことや学んだことをしっかりとキャッチしておき、それらをブログでアウトプットしていくためには、記録をしておくことが非常に重要です。

僕の場合は平日中に「これについて書きたいな」と思ったことはGoogleカレンダーの中でその週の週末に、スケジュールとしてメモ書きしておくようにしています。

f:id:k-tanaka-dog:20180513122742p:plain

これによって、土日になってから「何を書こうかな」とネタを探す必要がないので効率的に記事を書き上げることができます。

平日にたくさんのことを学ぶ、考える→土日にブログでアウトプットするというのは1週間のリズムを作る意味でも非常に役立っています。

週末にスケジュールに入っている記事を書いて、平日に分配していく。

週末に書いた記事は翌週の平日に更新されるように設定するのですが、この際にはスケジュールをドロップして配分していくことで、「何曜日にどの記事が更新されるか」を自分で把握しておくことができます。

f:id:k-tanaka-dog:20180513122943p:plain

僕は自分で自分が書いた記事を読み返すことをよくやるのですが、その際にカレンダーを見て「今日はこの記事か」とか「明日はあの記事が更新されるのか」と確認する作業に僕はちょっとした楽しみを感じます。

つまり土曜日と日曜日に努力した分を平日に分配していき、平日はその努力を再確認する作業によって精神的な安定というメリットを享受するというサイクルを回しているということです。

Googleカレンダーを使うと習慣にしやすい。

上記のサイクルを回すことによって毎日ブログが更新される仕組みを作っていくと、毎日スケジュールが入っている状態のGoogleカレンダーが出来上がります。

実はこれ自体に意味があって習慣を形成する上で、「自分がどれくらいの期間継続して頑張ってきたのか?」という努力量と継続期間が見える化されていることはモチベーションに繋がるのです。
f:id:k-tanaka-dog:20180513123136p:plain

Daigoさんは以前に紹介されていた習慣を作るための方法として、カレンダーにシールを貼るという方法を解説されていましたがそれと似ています。

隙間なくスケジュールが埋まっている状態を一度作ることができれば、自分がやることはただ一つでこの鎖を途切れさせないことです。

僕はそういう形でブログの習慣を作ってきましたが、この方法はブログ以外のことにも応用可能だと思います。

勉強でも、運動でも何でも大丈夫なので自分が習慣化したいことを決めて、それができた日にはGoogleカレンダーやアナログのカレンダーに記載していく。

すごくシンプルでありながら、非常に強力な方法ですのでぜひ試してみてください。良き週末を!