より良い1日を読者と追求するブログ。

集中力はこれからの時代の最も重要なスキル。『DEEPWORK』から得られる集中力を高める具体的な3つの戦略

f:id:k-tanaka-dog:20180519122929j:plain
おはようございます、けんぞうです。

いやあ、タイトル偉そうですね…笑 ブログあるあるです、しょうがない。

今日は集中力に関する話を書いていきます。先に結論をサクッというと、集中力はこれからの時代を生き抜いていくため(何を仕事にするにしても)に非常に重要なスキルである、という話です。

集中力を高めるための具体的な方法なんかも紹介していきますね。

21世紀に集中力が乏しい人が苦しむ理由

すごく規模が大きい話になりますが、21世紀はコンピュータによって様々な労働が置き換えられたりと変化が激しい時代であるのは言うまでもないことです。

こういった変化が激しい時代に、コンピュータに代替されづらい複雑な仕事をするためには集中力が必要であり、かつそういった仕事に就くために学習・習得をするというプロセスにおいても集中力は不可欠となります。

逆に仕事においてや学習の場面において集中することができずに、前に進められないという場合には控えめに言っても苦労するでしょうし、最悪仕事がなくなるという現実は、僕たちにとってますますリアルになってきています。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yyusukekun/20180518/20180518153109.png
参照:AI論争の前に知っておきたい「未来の雇用」 - ましろの働き方改革!

さらに日本でも働き方改革などもありますから、仕事を終わらせるために時間ではなくて集中力に頼るという意識も社会人であれば持っている人は多いと思います。


したがって、どのような仕事をするにしても集中力があるということはこれからの時代最低限必要になってくると考えられるわけです。




集中して取り組むための具体的な3つの戦略

本書の中では集中して学習や仕事に取り組むために具体的な戦略が様々取り上げられていますが、その中の3つをピックアップして紹介します。

3つの戦略とは、

  • 完全に引きこもる修道的な戦略
  • 定期的に集中状態に切り替える二方式的な戦略
  • 空き時間を活用するジャーナリスト的戦略

です。

修道的戦略

これは完全に外部からの接触を絶ってしまい、強制的に集中できる環境を作るという方法です。

スタンフォード大学で名誉教授をされている計算機科学者のドナルド・エルビン・クヌースという方がこの方法を採用しています。

彼はコンピュータサイエンスの分野で様々な革新を行うために、メールでアクセスされることを完全に不可能にしてアシスタントが通す郵便でしか連絡がとれないようにしたそうです。


これは常時接続されている状態を望む僕たちの世代からすると難しいことかもしれませんが、僕の経験と照らし合わせてもかなり強力であることは間違いありません。

僕の場合はLINEを含むあらゆるSNSを削除することで、毎日読書する時間・筋トレする時間をつくることができるようになり、スマホへの依存が軽減し、生活リズムも5時おきとかなり良くなりました。

リンク

2方式的戦略

こちらは一定の「本当に集中したい期間」を決めて、周りからのノイズが入らない場所に引きこもるという方法です。

JKローリングもハリーポッターの続編を書く際に、ホテルに閉じこもることによって執筆を進めたという話が良い例です。物語を作るというのは相当脳みそを使う作業でしょうから、ノイズが入るような状況では進められなかったのでしょう。

JKローリングの例はハリーポッターの続編を書くための必要性に駆られてのことでしたが、より短期的なスパンで定期的に集中するための時間を確保するという方法もあります。

ペンシルベニア大学の終身在職権を最年少で取得したアダムグラントという教授も、週の前半と後半を分けて極度の集中力を要する研究を前半に行うなどのルールを決めていたそうです。

ジャーナリスト的戦略

最後の戦略はちょっとした空いた時間を使って集中力を必要とする仕事に取りかかるという方法です。

意図せずに発生した暇な時間を利用して、勉強を進めたり仕事を進めるということですね。

ただこの方法は多くの人にとってはかなり難しいものだと思います。パッと切り替えをして集中できればいいですが、集中状態に入るには一定の時間を要するという場合もあります。


本書でも言われていますが、大切なことは一つの戦略に固執せずに状況や自分のライフスタイルに合わせて自分にあった方法を選ぶということです。

その他に紹介されている方法については本書をご参照ください。

瞑想と運動と趣味のすすめ。

瞑想・運動・没頭できる趣味を持つことは僕が20代のうちに習慣にしたい3つのことです。

ここでいう趣味とは自分で主体的に取り組むことができて、結果のフィードバックがあるようなものです。今書いているブログや筋トレが含まれます。

瞑想・運動・趣味への没頭は、それぞれ科学的に仕事への成果を上げやすくなったり、幸福度が高まるなどのポジティブな影響を与えることが証明されています。特に瞑想なんかは最近にビジネス書を買うと大体書いてあるのではないでしょうか。

瞑想は特に集中力を高めるために効果があると言われています。簡単に始められることですし、「瞑想??ww」みたいな煽りを入れてくる外野の人間は科学的根拠のある方法について無知なうんこだと思って無視しましょう。

関連記事
www.kenzoooo.com

www.kenzoooo.com

今日の昼休みは瞑想で決まりですね!