より良い1日を読者と追求するブログ。

瞑想がまだスピリチュアルなものだと思ってるの?それスマホを持たないおじさんと同じだよ。

f:id:k-tanaka-dog:20180521174216j:plain
おはようございます、けんぞうです。

以前にコミュ障の僕が社交するために、ユニークな話題を持っておくことが重要だという話をしました。

僕は日常的に瞑想をしているのですが、瞑想をしているという習慣がまだまだ同年代の人と話していてユニークと捉えられるほど浸透していないということを最近感じています。

今日は瞑想に関する具体的な話をしようと思います。

瞑想がまだスピリチュアルなものだと思ってるの?

瞑想に関する本やたくさん出版されていますし、世界的に活躍されている方(スティーブ・ジョブズなど)が日常的に瞑想をしていたことも有名ですし、GoogleAppleなどの大企業が社内で瞑想を取り入れていることは様々な場所で取り上げられています。

こういったことは瞑想そのものがスピリチュアルな、つまり科学的根拠がない感覚的なものではなくて、科学的にポジティブな効果が実証されているということが背景にあります。

それでもなお瞑想がスピリチュアルなものだと信じてやらない人はスマホを持たないおじさんと同じですし、上記のようなことを知らない人は本とか読んでもっと知識をつけたほうがいいと思います。

ともかく、瞑想は科学的に効果が実証されたものであり、集中力を高めたり自制心を強くするために瞑想を日常的に行うということは極めて合理的な選択だといういことです。




集中力と自制心が鍛えられる

瞑想をすることによって得られる効果としては自制心を司っている前頭葉が肥大化し、誘惑に負けにくくなると言われています。誘惑に惑わされるのではなく、大事なことだけに意識を向けることができるようになるということです。

日本で禅を学び、瞑想をしていたスティーブ・ジョブズもたくさんのことにYESという代わりに本当に重要なことだけに集中するというスタイルをとっていましたよね。

同様に瞑想をすることで集中力を鍛えることもできます。

瞑想はさまざまな方法がありますが、基本的には呼吸などの1つのことに意識を向け続け、気が逸れたら、それに気付いて意識を戻すということを10分程度行います。

この気が逸れる、気付く、意識を戻すという練習を積むことによって、瞑想以外の時間でも自分の意識が逸れていることに気が付きやすくなり、意識を戻しやすくなります。

瞑想を一定期間続けて勉強などに取り組んでみると自分でも、この変化に気がつくと思います。僕もTOEICの勉強をしていた期間は毎日瞑想をしていましたが、自分の意識を戻す練習をしていたおかげで2時間のテスト時間集中する持久力をつけることができました。

最も簡単な呼吸に集中する瞑想法と、そのコツ

さまざまな書籍で紹介されている瞑想法は呼吸に集中するというものです。

僕が日常的に行っている瞑想もこの呼吸に集中するものです。基本的な流れは、

  • ①鼻から息を吸う。(1〜3秒)
  • ②口からゆっくりと吐く。(8〜10秒)

口から息を吐く長さの方を長くするのが1つ目のポイントです。人間は息を吐いている時に副交感神経が働きますから、息を吐く時間を長くすることでよりリラックスすることができます。

もう1つは呼吸するときのポイントは、「温度」に意識を向けながら瞑想をするということです。10分だけといっても呼吸だけに意識を向け続けるのはかなり難しいので、息を鼻から吸う時の冷たい温度と吐く時の温かい温度に意識を向けると瞑想はよりやりやすくなります。

今日の昼休みは瞑想で決まりですね!ぜひ試してみてください。