より良い1日を読者と追求するブログ。

読書の内容を記憶に定着させる具体的な3つの方法

f:id:k-tanaka-dog:20180521182206j:plain
おはようございます、けんぞうです。

突然ですがみなさん読書は、お好きでしょうか?

僕は大学2回生くらいの頃から読書にはまり始め、今でも働きながら週1〜2冊くらいは本を読んでいます。

今回は読書の内容をより頭に残しやすくする具体的な方法について、ご紹介します。

読書の内容を反復学習するスリーワードノート術

せっかくお金を出して買った本ですし、知識は実践に移してこそ価値を持つのでできることなら内容を忘れないように覚えておきたいですよね。

記憶に知識を定着させるためには、反復して学習することが不可欠になります。

同じ本を何度も読んで内容を思い出すというのもありますが、Daigoさんがおすすめされているスリーワードノート術を使って読書ノートをとってそれを見返すという方法もありますね。

www.kenzoooo.com

僕は最近本の表紙の裏の白紙になっている部分に、この気になったスリーワードとページ番号を書くというのを実践しています。ノートを持ち合わせていなかったりするときにやり始めた方法でかなりスリーワードノート術と同様に効果的だと思います。

また単純に同じ本を読むのではなくて、同じ分野の違う本を何冊も読むという方法も効果的です。基礎的な知識が蓄積していきますし、特に心理学系の本などに関しては、同じ実験を参照して紹介している場合などは読む飛ばすことができるので速読をすることもできます。

誰かに話す、ブログでまとめる。

読書内容を記憶に定着させる別の方法としては誰かに自分が学んだ知識について教えたり、ブログで伝わるようにまとめるなどの方法もあります。

僕はブログで本で学んだことをよく書いたりしているのですが、基本的にはその本すべてを紹介するのではなくて、特定の自分が気になった箇所やアクションに移した箇所をピックアップして書くようにしています。

すべてを要約して本の内容を書いたり、書評を書こうとしてしまうとどうしてもハードルが高くなってしまうので、気になったポイントに分割してそこに自分の経験や行動を踏まえながら書くと読書ブログは書きやすいです。

また誰かに直接話すというのもいいでしょう。僕は実家暮らしだった時はよく母親に自分が得た知識について語っていました。

気の許せる友人でもいいと思います。知識をひけらかしているように見られそうと思うかもしれませんが、知識を定着させたいのであればやるべきでしょう。

むしろ相手に目的を言ってしまってもいいかもしれません。つまり自分は読書で学んだ知識を定着させたいから、本の話をしたいんだと。物分かりのいい人なら理解してくれるでしょうし、お互いに高め合っていく関係を築ける可能性もあります。

インターバル読書と独り言

先日読んだ最新のDaigoさんの書籍『超時間術』の中で、インターバル読書という方法が紹介されています。

やり方は簡単で3分間読む→1分間頭の中で内容を要約する、というサイクルを回しながら読書をするという方法です。

これは2つメリットがあって、1つは3分間という制限時間があることによって「締め切り効果」という心理が働き集中して本を読むことができるということ。

2つめは、1分間要約する時間を取ることによって記憶の定着を促進するということです。

僕もこの方法を時々採用しながら本を読んでいますが、その際は独り言を呟きながら要約する癖がついています。これは単純に独り言を言っている方が個人的には思考が明晰になるという感覚があるからです。


まとめると読書の内容を記憶に定着させるための3つの方法は、

  • ノートや表紙の裏にスリーワードノート術で内容をまとめて反復学習
  • 友人や親などに学んだ内容を話したり、ブログに項目ごとにまとめる
  • インターバル読書とひとりごとを併用する

です。

どれもすぐにできる簡単な方法ですので、試してみてください。試してみることに失敗はありませんから。

今日も良き1日を!

Daigoさんおすすめの本に興味がある方はこちら↓
www.kenzoooo.com