より良い1日を読者と追求するブログ。

【サラリーマンに悲報】長時間座ると死亡リスクが44%高まる。スタンディングワークを今すぐ

f:id:k-tanaka-dog:20180530065106j:plain

おはようございます、けんぞうです。

朝から不謹慎なタイトルでごめんなさい、ただこの情報はやはり多くの人に知ってもらいたいと思い少し過激なものにしました。



11時間座る人の死亡リスクは40%高まる。

日本の会社の典型的なデスクワークのスタイルは座りながらPCをカタカタですよね。

しかし非常に残酷なデータがありまして、座っている時間が座っている時間が8〜11時間の人は15%、11時間以上だと40%死亡リスクが高まるということがわかっています。恐ろしいっすね…

理由は座っている状態って当たり前ですが筋肉を使わなくていい訳で、その状態を継続すると血栓ができやすくなって血管トラブルを引き起こしやすいからだとか。

人類の長い歴史で見ても座りながら一箇所でじっとしているなんてことは、ここ最近の話で遺伝子レベルでは適用できていないんだと思います。

座って仕事をする以外の選択肢でいうと、1つしかないですよね。

立って仕事をしましょう。

立っているときは判断力が最大33%高まる。

ミズリー大学が行なった研究によると立ったまま会議などを行うと意思決定にかかるスピードが3分の2にまで短縮できたとのこと。さらに意思決定の質は変わらなかったそうです。

考えてみると仕事も小さい意思決定の連続ですよね?この仕事をやるべきか、やらないべきか。どのようにやるべきか、いつやるべきかなどなど。

こういった小さい意思決定を高速でできるようになれば、仕事が早くなるのは当然ですよね。

ちなみに我らがDaigo先生はですね、スタンディングデスクによって立ち仕事を導入しているだけでなく、ステッパーを足元に置いて有酸素運動をしながら本を読んだりしているそうです。

『脳を鍛えるには運動しかない!』にも紹介されていましたが、有酸素運動の効果を脳に活かすためには運動をしながら、もしくはした直後に複雑な課題に取り組んだり、学習することが効果的なのでDaigoさんのスタイルはめちゃくちゃ合理的。

ちなみに僕も安めのステッパー買いました。またレビュー書きますね。

立って仕事をすると嫌でも集中できるぞ。

僕も最近会社に頼んで机上のスタンディングデスクを導入して、仕事を始めました。今一緒に働いている同期は80名程度いますが、立っているのは僕だけですね、爽快です。

立って仕事をし始めて、実際に感じ始めたメリットは本当に無駄なことをしなくなるということですね。

つまりインターネットに繋がったPCを使ってのデスクワークですから、気が緩んでしまうと関係のサイトを開いてしまうこととかあるんですよ、正直。

座っている状態はリラックスできるので、そういった邪念が湧きやすいのですが、スタンディングワークをしていると常に体に物理的なストレスがかかっている状態なので、無駄なことは極力避けられるようになります。

この辺の効果は是非実際に試してみて実感してください。



まずは『立って仕事していいですか?』と上司に相談してみましょう!試してみることに失敗はありませんよ!

良き1日を!