より良い1日を読者と追求するブログ。

6月2週目に配信したLINE@まとめ

f:id:k-tanaka-dog:20180602101257j:plain
おはようございます、けんぞうです。

先週に配信したLINE@の情報をまとめた記事です。僕が読んだ本の内容で役立つ知識などをできる限りリアルタイムで配信しておりますのでご興味のある方は、ご登録ください。

友だち追加




エクスプレッシブライティングについて

不安やストレスを感じたら、それを紙に書き出しなさいというアドバイスを受けたことがあるかもしれません。

実は不安を書き出すという方法は、『エクスプレッシブライティング』と呼ばれていて科学的にもストレス緩和の効果が実証されている方法です。

エクスプレッシブライティングの生みの親、ジェームズ・ペネベーカー博士によると

『エクスプレッシブライティングは幸福度が高まり、ネガティブな感情が減る』

とのこと。

心配事がある状態で何か他のことに取り組むと、脳の中では心配事が残っているのでいわゆる「マルチタスク状態」になってしまいます。

これを避けるために心配事を棚卸しするという意味合いで、エクスプレッシブライティングが効果的だと言われています。

方法
まずは紙もしくはノートと、ペン、タイマーを用意して下さい。

20分間不安を書き続けます。誤字脱字は気にしなくて大丈夫です。20分間が最も効果的とのことです。

やり方はこれだけです、簡単にできて効果的ですので是非寝る前にお試しください。


怪しめのタイトルですが内容は全て科学的な根拠に沿って書いてあります。著者の鈴木 祐さんは16歳から論文を読み漁っているという変態なお方です。

僕も先週は毎日このメソッドを試していました、また感想書きますね。

脳を鍛える具体的な3つの運動

有酸素運動は記憶力、思考力を高める効果があると既に数々の研究によって明らかになっています。

基本的なメカニズムは有酸素運動により生成される脳由来神経栄養因子によりニューロンが生成されて、脳の働き(特に記憶に関連している海馬)が促進されるというお話。

①新しい技能を習得する運動
例えば新しくダンスを習ってみる、格闘技を習ってみるなどです。有酸素運動の効果は「学習」による相乗効果を受けるので、新しい体の動きを学ぶ技能習得はおすすめです。

②仲間と協力するスポーツ
球技などを仲間と取り組むのも非常に脳には良いです。コミュニケーションや信頼関係は、脳の前頭葉(集中力などに関係する部位)を強くする効果があります。

③自然と触れる運動
運動はストレス緩和の効果があり、自然の中で運動をするとその効果は倍増します。自然の中での運動は1日5分でも効果が得られると言われています。

コントロール

人間は根源的に自分の人生をコントロールして、思い通りにしたいと考える生き物です。

ある実験ではご老人の方々を2つのグループに分け、片方には観葉植物の世話を任せ、もう片方は世話の裁量を職員が管理する形をとりました。

結果、自分で世話をしたグループの方が15%長く生きています。

つまり自分でコントロールできるものがあることによって生きがいを感じることができ、他方コトロールできないと感じると無力感を感じ生きる目的を見失いやすいということです。

もちろん人生にはコントロールできない不運もありますが、自分ではコントロールできないと決めつけてしまっていることをもう一度見直してみると意外に工夫次第で何とかなることもあります。

多くの人が満員電車を避けられないと考えていますが、時間帯を早朝にずらすだけで空いている電車に乗れます。

満員電車からくるストレスをコントロールしている例です。

お金、交友関係、恋愛、仕事、などコントロールできないと思っていることをコントロールできるようになると人生はかなり豊かになります。

是非当たり前を疑ってみて下さい。