より良い1日を読者と追求するブログ。

睡眠の質を高める『食べ物』についてまとめてみた。

http://ure.pia.co.jp/mwimgs/6/3/600/img_63d999f07e91bf8faac8a38d9dc9ab56321053.jpg
おはようございます、けんぞうです。

今日は睡眠の質を高めるための食事について、『SLEEP』という最近の本で紹介されていたことをまとめますね。

クルミ、サケから得られるオメガ3が快眠をもたらす。

おそさく最近の食事系の本を読むとたいていオメガ3脂肪酸について触れられていると思いますが、実はオメガ3脂肪酸は快眠をもたらす効果があることがオックスフォード大学の調査によってわかっているとか。

オメガ3脂肪酸を得られる食べ物は、サケやクルミ、チアシード、かぼちゃの種などがあります。僕も業務中の感触はもっぱら無塩のクルミですね。

マグロ、メカジキから得られるビタミンDが日中の眠気対策に。

日中に感じる強い眠気とビタミンDの不足は相関関係があることがわかっているらしく、日中の眠気対策としてはビタミンDを含む食べ物であるメカジキ、サケ、マグロ、鯖、しいたけなどが推奨されています。

鶏肉、卵から得られるトリプトファンで睡眠に不可欠なセロトニンを生成。

気分の安定や睡眠に影響を与え、脳に存在するのがセロトニン。幸せホルモンと呼ばれてたりしますね。

そのセロトニンを生成するための前段階の物質であるトリプトファンを生成する食べ物として、卵や鶏肉が推奨されています。僕も最近卵、鶏肉たべれていないので来週からのメニューにぶち込もうと思います(笑)

ブロッコリー、アボガドから得られるカリウムで眠りを深くする。

眠りが浅い問題にはカリウムが効果的ということがいわれていて、カリウムを補ってくれる食べ物としてはバナナが有名。

実際はバナナ以外の優秀な食べ物としてはブロッコリーやアボガド、マッシュルームなどが推奨されています。


まずは小さく試してみるのがおすすめですよ!

知識を配信するLINE@もやってます、気になる方はぜひ▼
友だち追加