より良い1日を読者と追求するブログ。

Daigoさんから学ぶ、結局記憶に定着させるにはどういう風にノートを取ればいいの?

https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/e/c/-/img_ecdcb9dec7a87b2ab5264cb64b2f98b0110337.jpg

おはようございます、けんぞうです。

ノートにとった内容はどのようにすれば記憶に定着させることができるのでしょうか?

今日はDaigoさんのニコニコチャンネルから学んだノートの取り方に関する知識について書いていきます。

ch.nicovideo.jp





記憶の定着には『想起』が必要。

以前にDaigoさんがおすすめされているスリーワードノート術で読書の内容を記録する方法をご紹介しました。

あの方法でノートをとるポイントとしては、自分がノートに記した内容を見直した時に読んだ本の内容を想起し記憶に定着させることができるということです。

スリーワードノート術の場合、情報が3単語に絞られているのでそれらから内容を思い出して、頭の中で整理する必要があります。この作業によって記憶への定着が進むということです。

つまりノートの中で、想起をうながすような仕組みを作ってしまうことが重要ということになります。

新しく学ぶことに関しては、ノートを『問題集』に変える。

以前の放送では、自分がまだ詳しくない分野の本を学ぶときには自分が面白いと思ったところを自分なりに翻訳してノートに書き記すとDaigoさんはおっしゃっていました。

こういった自分の言葉で置き換えることを繰り返すことによって、あのニコニコ放送でのわかりやすい説明を実現しているのですね。

それに加えて、自分が知らない単語などをノートに書き出して問題集形式にしてそれを解く練習をするという話もされていました。

これも同じく想起する仕組みをノートの中に作り出しているということですね。


まとめると、ノートを有効に活用して長期的な記憶に知識が残るようにしたいのであれば『想起』を促す仕組みをノートの中に実現すれば良いということです。

僕も見習っていこう。

関連
www.kenzoooo.com

www.kenzoooo.com

www.kenzoooo.com

www.kenzoooo.com