より良い1日を読者と追求するブログ。

結局英語の勉強はどうやってやればいいのかについて、英語を話せる人たちの共通意見

https://tabizine.jp/wp-content/uploads/2014/01/4177-01.jpg

おはようございます、けんぞうです。

TOEICの試験が終わってから英語の習慣がかなり薄くなっているように思います。

今回は自分への動機付けの意味も込めて英語の勉強法に関する記事を書いておこうと思います。




英語を話せる人たちの共通するアドバイス「英語で考えなさい」

僕の周りには常に英語を話せる人がいてて、その人たちに英語をどうやって勉強すればいいかと聞くと、結構頻繁に返ってくる答えが「日常生活全て英語で考えろ」というもの。

日本人にありがちなのはまずは日本語でセンテンスをつくってそれを英訳するという思考プロセスを踏むというもの。これだとどうしても翻訳に時間がかかってしまってスラスラと話すことができないし、不自然な英語になってしまうらしい。

だから普段から英語で考える練習をしておくことが、話せるようになりたいという目的であれば非常に重要。

これはAtsueigo先生もおっしゃっていることですね。
www.youtube.com

具体的な方法1.今日の目標、計画を英語で考えてみる。

今日1日で自分が何をやりたいのか、どういう風に成長したいのかなどの計画についてまずは英語で考えてみるというのが一つ方法としてありますね。

計画ではなくても毎日考える必要があることを英語に置き換えて考えてみるという方法です。

僕も会社にいく電車の中でやってみましたが、これが結構よさげ。理由としては自分がまだうまく使いこなせない言語である分、シンプルに考えざるを得ないんですよね。

そうやってシンプルに考えることができるようになると、重要な目標ややるべきことが見えてきたりするので目標について英語で考えるのはいいですよ。

その辺りのことはこちらの書籍にも書いてありましたね。

具体的な方法2.ノートを英語でとってみる。

ノートを取るときも同様に英語で考える練習をすることができます。個人的にこの方法はかなりおすすめですね。

色々とメリットがあって、まず英語でページを埋めていくので振り返って見てみたときに結構スマートな感じで自己満足に浸ることができます。

次に英語でノートを書こうと思っても最初にボキャブラリに不足でつまるので、それらを調べながらノートをとり始めると自分の語彙力を鍛えることができるということ。


英語の勉強と聞くと身構えてしまって、参考書とか電子辞書とか色々必要になるようなイメージを持ってしまってましたが、今だったら辞書がわりのスマホと体さえあればどこでも勉強することができそうですね。

僕もまだまだ頑張りますよ。TEDictというTEDの動画でディクテーションができるアプリおすすめですよ。

TEDICT - TEDで英語を習おう
TEDICT - TEDで英語を習おう
開発元:CoCO SWING
¥360
posted withアプリーチ