より良い1日を読者と追求するブログ。

スタンディングワークを3週間続けて始めて感じる3つの変化

https://www.kagg.jp/items/img_lifting-desks_10.jpg


会社でも立ちながら仕事をし、週末の趣味であるブログも立ちながらライティングするようになって約1ヶ月程度が経ちました。

立ち仕事をすることで主観的に変わってきた部分を羅列していこうと思います。




作業スピードが格段に上がった!

立っている方が集中力が高まり、座っていると死亡しやすいことについては以前も紹介しましたが、やはり集中力に関しては実感値としてもかなり高くなってていると感じます。

以前はブログ1記事書くのにだいたい1時間くらいかけていたのですが、最近はポモドーロテクニックを使いながら25分間あれば2000文字程度の記事を1記事サクッと書けるくらいには作業スピードが高まってきております。

小さな意思決定が速くなる。

今仕事ではプログラミングをやっているのですが、コードを書く作業って考えることと小さな意思決定の連続だと思うんです。

実現したい機能に対してどのようなコードを書けばいいかをすでにもっている知識で考えて、そこから意思決定をしてコードを書いていくという流れ。

もちろん熟考することによって最短で最適なコードを導き出してコーディングという手もありますが、意思決定のスピードを速くしてコードを速くたくさん書くということによっても仕事のスピードを高めることはできます。

立って仕事をしたり、会議をしたりすると意思決定のスピードが速くなるということが実験で証明されていたりするので、意思決定を高速化し仕事の生産性を高めたい人にはスタンディングワークはおすすめです。

適度な疲労がたまり、熟睡できるようになった。

スタンディングワークは言わずもがなですが、足に疲労が溜まります。

『立ったままで仕事して疲れないの?』とよく聞かれるのですが、最近は1日のうち1時間座っていれば十分ですし、立ち仕事に関してはある程度継続すれば慣れてきます。

スタンディングワークによって適度に体に疲労が溜まった状態で、家に帰りに床に就くので睡眠の質は実感値としてはかなり高まってきていると思います。


スタンディングワーク関連記事&おすすめアイテム
www.kenzoooo.com


ステッパーとスタンディングワークの組み合わせは最強
www.kenzoooo.com