好奇心を爆発させよう

プロフィール

せっかくなので、プロフィールを書いておこうと思います。

小学校

小学校の頃から内気な性格でした。 友達も数少ないタイプでしたが、なぜか友達になってくれた人たちからは、かなり崇められていました。理由はわかりません。

小学校から、野球クラブに入って、毎日野球をやっておりました。体は大きくありませんが、体を動かすのが好きな性格は、おそらくこの頃に形成されました。

野球・水泳・書道など、様々なことを習っていました。しかし、両親も驚くほど最初は集中力を発揮して取り組むのに、一定期間をすぎると飽きてしまうという傾向がありました。

ここから学んだ教訓は、ぼくは飽きやすい性格だけど、一定期間は集中力を発揮できるから、適切なタイミングでやることを切り替えることが重要ということです。

中学校

中学校はちょっと悪さをするタイプのグループに属したために、両親および先生の皆様らにご迷惑をおかけしました。

いわゆる中二病というものにぼくも冒されていたわけです。この頃に学んだ教訓としては、ぼくは属する環境によって簡単に行動や人格が変わるということです。

将来に危機を感じたぼくは、ちょいワルグループを抜けて、さっさと受験勉強を開始し、地元ではそこそこのレベルの高校へ入学。

高校

高校は部活動に専念しました。ハンドボールというマイナーなスポーツでしたが、かなり楽しめました。

この頃の思考の傾向としては、よく他人と比較していたように思います。

  • 偏差値
  • 運動神経
  • 社交性

などなど、周りをみて自分を定義付けするような生き方をしていた気がします。かなり息苦しさを感じる生き方でした。

ここから学んだ教訓は、他人との比較からは無駄な嫉妬と優越感しか生まないということです。

大学時代

大学は関西大学というところに入学。 正直自分はもっと学力の高いレベルの大学にいけるはずなのに、という無駄なプライドを持って入学しました。

この自分はここにいる誰よりも優れているという感覚は、平均以上効果として誰しもが持っているものだということを後々に気がつきました。

参考記事
”その他大勢”であることにいち早く気付こう。平均以上効果という残酷な心理学 - Curiosity

活動は、サークルへ入り、学園祭実行委員会に入り、就活をして、卒業するという超ありきたりルートを突っ走りました。

この頃から読書に目覚め、たくさんの本を読むようになり、ブログを開設して、発信活動をするようになりました。

SNSをパタッとやめてしまったのはつい最近のことです。

参考記事
LINEアカウントを削除した理由と、発生した支障、謝罪の言葉を。 - Curiosity

現在

現在はIT企業でPCを叩いております。

仕事についての記事はあまり上げないかもしれません。